2011年 10月 23日 ( 1 )

白菜(ハクサイ)

d0126545_10445240.jpg

白菜(ハクサイ)はアブラナ科アブラナ属の一年草ないし二年草である。
分類上は、株(カブ)の変種とされている。
原産地は中国の北部である。
日本へは明治時代に渡来し品種改良された。
形態的には葉が結球するものとしないものがある。
結球するものは日本で改良された。
外側の葉は緑色だが、結球の内部へいくと黄白色になる。
草丈は40~100センチくらいである。
開花時期は4~5月である。
収穫せずに放置すると、菜の花と同じような花を咲かせる。
花の後にできる実は角果(雌しべの中にある仕切りを残して左右の殻がはがれるもの)である。
属名の Brassica はキャベツの古いラテン名からきている。
種小名の rapa は「カブラ」という意味である。
変種名の glabra は「無毛の」という意味である。
写真は11月につくば植物園で撮った。
学名:Brassica rapa var. glabra


★白菜もいろんな姿撮りたいな
 膨らむ夢にこぼれる笑顔
d0126545_10451934.jpg

植物図鑑
花図鑑







[PR]
by ryudesuyo5 | 2011-10-23 10:47 | 作物