2011年 10月 19日 ( 1 )

サルビア・アズレア

d0126545_6534813.jpg

サルビア・アズレアはシソ科サルビア属の多年草である。
原産地は北アメリカである。
比較的標高の高い地方に生えるので耐寒性がある。
スカイブルーセージ(sky blue sage)ないしプレーリーセージ(prairie sage)の別名がある。
プレーリーは北アメリカの大草原のことである。
日本へは園芸用として導入されている。
草丈は100~150センチくらいになる。
葉は線形ないし披針形で、向かい合って生える(対生)。
茎もとても細い。
開花時期は8~11月である。
爽やかなスカイブルーの花を輪生状につける。
下唇のほうが上唇よりもずっと大きい。
花の後にできる実は分果(複数の子房からできた果実)である。
属名の Salvia はラテン語の「salvare(治療)」からきている。薬用になるものが多いことから名づけられた。
種小名の azurea は「淡い青色の」という意味である。
写真は10月に野田市の清水公園花ファンタジアで撮った。
学名:Salvia azurea


★透き通る空の青さを花びらに
 映し爽やかアズレアの花
d0126545_6541018.jpg

植物図鑑
花図鑑







[PR]
by ryudesuyo5 | 2011-10-19 06:56 | 秋の花