2011年 10月 08日 ( 1 )

都薊(ミヤコアザミ)

d0126545_115942.jpg

都薊(ミヤコアザミ)はキク科トウヒレン属の多年草である。
福島県以南の本州から九州にかけて分布し、山地の草原や湿地に生える。
海外では、朝鮮半島、中国北部、ウスリーなどにも分布する。
草丈は50~150センチくらいである。
根際から生える葉は長めの楕円形で羽状に深く裂ける。
茎につく葉は上部へいくほど小さくなり、互い違いに生える(互生)。
葉には腺点(蜜などの粘着物質を出す腺が突起したもの)がある。
開花時期は9~10月である。
濃い赤紫色の花(頭花)を上向きにつける。
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
和名の由来は、薊(アザミ)に似て上品な花の姿を都人にたとえたものである。
属名の Saussurea はスイスの科学者「ソシュール(H. B. de Saussure)さん」の名からきている。
種小名の maximowiczii はロシアの植物学者「マキシモヴィッチ(C. J. Maximowicz)さんの」という意味である。
写真は9月に箱根湿性花園で撮った。
学名:Saussurea maximowiczii


★棘なくも都薊と冠されて
 風流人を気取ってみても
d0126545_11594670.jpg

植物図鑑
花図鑑







[PR]
by ryudesuyo5 | 2011-10-08 12:04 | 秋の花