2011年 10月 07日 ( 1 )

大丸葉の天人草(オオマルバノテンニンソウ)

d0126545_1217771.jpg

大丸葉の天人草(オオマルバノテンニンソウ)はシソ科テンニンソウ属の多年草である。
日本固有種である。
本州の中国地方と四国、九州に分布し、山地の林の縁などに生える。
別名を土佐の見返り草(トサノミカエリソウ)という。
これは牧野富太郎博士の命名である。
また、筑紫見返り草(ツクシミカエリソウ)の別名もある。
分類上は見返り草(ミカエリソウ)の地域変種とされている。
草丈は40~70センチくらいである。
茎は直立をし、毛がたくさん生えている。
葉は幅の広い楕円形で長さが10~20センチくらいあり、向かい合って生える(対生)。
葉には柄があり、縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は9~10月くらいである。
茎先に円筒状の総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を直立させ、淡い紅色の花をたくさんつける。
花冠は唇形である。
上の唇は浅く2つに裂け、下の唇は3つに裂ける。
萼は筒形で、先が浅く5つに裂ける。
雄しべは4本である。
雌しべは1本で、先が2つに裂ける。
雄しべと雌しべは花冠から突き出る。
花の後にできる実は分果(複数の子房からできた果実)である。
属名の Leucosceptrum はギリシャ語の「leuco(白い)+sceptrum(笏)」からきている。
種小名の stellipilum は「星状毛の」という意味である。
変種名の tosaense は「土佐(高知県)の」という意味である。
写真は10月につくば植物園で撮った。
学名:Leucosceptrum stellipilum var. tosaense


★蝕まれ葉は穴ぼこになろうとも
 咲かせる花は天衝くように
d0126545_12173497.jpg

植物図鑑
花図鑑







[PR]
by ryudesuyo5 | 2011-10-07 12:19 | 秋の花