人気ブログランキング |
<< 桃色鈴蘭(モモイロスズラン) 犬枇杷(イヌビワ) >>

ネマタンツス・グレガリウス

d0126545_1615546.jpg

ネマタンツス・グレガリウスはイワタバコ科ネマタンツス属の常緑小低木である。
属名の読み方は「ネマタンサス」とするものもある。
原産地は南アメリカである。
旧学名からヒポシルタないしヒポシルサとも呼ばれる。
また、流通名を金魚の木(キンギョノキ)ともいう。
樹高は30~50センチくらいである。
葉は楕円形で、3枚が車軸状につく(輪生)。
葉の質は肉厚で艶があり、暗い緑色をしている。
開花時期は4~6月である。
条件さえ合えば周年開花をする。
葉の脇に1つずつつく花はオレンジ色の壺形である。
花冠の筒部が膨れ、先が細くつぼんでいる。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Nematanthus はギリシャ語の「nema(糸)+ anthus(花)」からきている。
種小名の gregarius は「群れをなす(普通の)」という意味である。
写真は5月に北大植物園で撮った。
学名:Nematanthus gregarius


★愛嬌がたっぷりだよね金魚の木
 つぼんだ口元思わずにやり
d0126545_16153153.jpg

今日の花
植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
by ryudesuyo5 | 2013-05-15 16:20 | 春の花
<< 桃色鈴蘭(モモイロスズラン) 犬枇杷(イヌビワ) >>