<< 犬枇杷(イヌビワ) 姫緋扇(ヒメヒオウギ) >>

深山蛍葛(ミヤマホタルカズラ)

d0126545_1348463.jpg

深山蛍葛(ミヤマホタルカズラ)はムラサキ科グランドラ属の常緑小低木である。
園芸上は多年草として扱う。
分類上は、リトドラ属(Lithodora)やムラサキ属(Lithospermum)とされる場合もある。
原産地は南ヨーロッパである。
ポルトガルやスペインの海岸近くなどに生える。
樹高は15~25センチくらいである。
全体に軟毛が生え、匍匐して広がる。
葉は細長い披針形(笹の葉のような形)で、互い違いに生える(互生)。
葉に質は革質で濃い緑色をしている。
葉の先は鈍頭で、縁にぎざぎざ(鋸歯)はない。
開花時期は4~6月くらいである。
花の色は鮮やかな青紫色である。
花径は2センチくらいで、花冠は5つに裂ける。
花の後にできる実は分果(複数の子房からできた果実)で、4つのブロックからなる。
属名の Glandora の由来はまだ解明できていない。
種小名の diffusa は「広がった」という意味である。
写真は4月に富山県中央植物園で撮った。
学名:Glandora diffusa


★鮮やかな色が爽やか星形の
 花が可愛い深山蛍葛
d0126545_13485952.jpg

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル





花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo5 | 2013-05-12 13:52 | 春の花
<< 犬枇杷(イヌビワ) 姫緋扇(ヒメヒオウギ) >>