<< 姫緋扇(ヒメヒオウギ) 松葉海蘭(マツバウンラン) >>

コーヒーの木(コーヒーノキ)

d0126545_14464834.jpg

コーヒーの木(コーヒーノキ)はアカネ科コーヒーノキ属の常緑低木である。
和名はアラビカ種 (Coffea arabica)に充てられている。
アラビカ種は世界のコーヒー生産量の90%を占める。
原産地はエチオピアのアビシニア高原である。
別名をアラビアコーヒーの木(アラビアコーヒーノキ)という。
このほか、ロブスタ種 (Coffea canephora)やリベリカ種 (Coffea liberica)などがある。
ロブスタ種はコンゴ、リベリカ種はリベリアが原産地である。
樹高は2~5メートルくらいである。
葉は楕円形で、向かい合って生える(対生)。
葉には艶がある。
開花時期は4~6月くらいである。
葉の脇に白い花をつける。
合弁花で、花冠は5つに深く裂ける。
実は開花後8~9か月で収穫される。
緑色から黄色く色づき、成熟するにつれて赤みを増す。
中には半球形の種子が2個入っていて、これがコーヒー豆になる。
属名の Coffea はコーヒーのアラビア名である「coffa」からきている。
種小名の arabica は「アラビアの」という意味である。
花の写真は6月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
実の写真は6月に川口市立グリーンセンターで撮った。
学名:Coffea arabica


★今までで一番熟れた実のようだ
 今度はきれいな花に会いたい
d0126545_14471534.jpg

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル






花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo5 | 2013-05-10 14:50 | 夏の花
<< 姫緋扇(ヒメヒオウギ) 松葉海蘭(マツバウンラン) >>