<< 松葉海蘭(マツバウンラン) 蓬(ヨモギ) >>

姫早百合(ヒメサユリ)

d0126545_13591234.jpg

姫早百合(ヒメサユリ)はユリ科ユリ属の多年草である。
日本固有種である。
宮城県、福島県、山形県、新潟県に分布し、山地の草原などに生える。
環境省のレッドリスト(2007)では、「現時点では絶滅危険度は小さいが、生息条件の変化によっては『絶滅危惧』に移行する可能性のある種」である準絶滅危惧(NT)に登録されている。
別名を乙女百合(オトメユリ)という。
草丈は30~50センチくらいである。
葉は披針形で、互い違いに生える(互生)。
葉の質はやや厚い。
開花時期は6月から8月である。
花は長さが8センチくらいある漏斗状で、横向きに花をつける。
花の色は淡いピンクで、斑点はない。
花には独特の香りがある。
雄しべは6本で、葯(雄しべの花粉を入れる袋)は黄橙色である。
雌しべは1本である。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Lilium はギリシャ語の「leirion(白)」からきている。マドンナリリーの白い花を念頭に名づけられたものである。
種小名の rubellum は「紅色を帯びた」という意味である。
写真は5月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Lilium rubellum


★限られた土地にひっそり花開く
 淡いピンクの色愛らしく
d0126545_13594940.jpg

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo5 | 2013-05-03 14:02 | 夏の花
<< 松葉海蘭(マツバウンラン) 蓬(ヨモギ) >>