<< 八丈薄(ハチジョウススキ) 白鷺蚊帳吊(シラサギカヤツリ) >>

浜狗尾(ハマエノコロ)

d0126545_1325290.jpg

浜狗尾(ハマエノコロ)はイネ科エノコログサ属の一年草である。
北海道から沖縄にかけて分布し、海岸の砂地や岩の隙間などに生える。
海外では、朝鮮半島、台湾、中国南部などにも分布する。
狗尾草(エノコログサ)の海岸型の変種である。
草丈は5~20センチくらいである。
茎は短く、地面に伏せるように四方に枝分かれをする。
葉は長さ5~10センチくらいでやや厚く、縁は白く縁取られる。
開花時期は7~9月である。
穂の長さは1~4センチくらいで、狗尾草(エノコログサ)の半分くらいである。
また、直立し、垂れ下がらない。
花の後にできる実はえい果(イネ科の果実で薄い木質の果皮が種子に密着している)である。
属名の Setaria はラテン語の「seta(剛毛)」からきている。小穂のつけ根を剛毛が囲むことから名づけられた。
種小名の viridis は「緑色の」という意味である。
変種名の pachystachys は「太い穂状の」という意味である。
写真は8月につくば植物園で撮った。
学名:Setaria viridis var. pachystachys


★背を低く風に負けぬとへばりつき
 浜狗尾は照り輝いて
d0126545_1332034.jpg

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by ryudesuyo5 | 2012-08-30 13:05 | 夏の花
<< 八丈薄(ハチジョウススキ) 白鷺蚊帳吊(シラサギカヤツリ) >>