<< 白妙向日葵(シロタエヒマワリ) 葉黒草(ハグロソウ) >>

天人草(テンニンソウ)

d0126545_9273242.jpg

天人草(テンニンソウ)はシソ科テンニンソウ属の多年草である。
日本固有種である。
北海道から九州にかけて分布し、山地の木陰や谷沿いなどの湿った場所に生える。
草丈は50~100センチくらいである。
シソ科としては大形である。
地下茎は木質化している。
茎の断面は四角形である。
葉は細長い楕円形で、長さ10~20センチくらいあり、ほとんど無毛である。
黄緑色をしていて、ほとんど毛は生えず、互い違いに生える(互生)。
葉には柄があり、縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は8~10月である。
茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を立て、クリーム色の小花を密につける。
花の形は唇形で、4本の雄しべと1本の雌しべが外に飛び出し、ブラシのような感じがする。
花の後にできる実は分果(複数の子房からできた果実)で、4つのブロックからなる。
和名の由来は、葉がコガネムシ類に食い荒らされてぽろぽろになる様子を天人の羽衣(破衣)にたとえたとされる。
属名の Leucosceptrum はギリシャ語の「leuco(白い)+sceptrum(笏)」からきている。
種小名の japonicum は「日本の」という意味である。
写真は9月に北大植物園で撮った。
学名:Leucosceptrum japonicum


★山陰にひっそり開く天人草
 突き出す蕊はブラシのように
d0126545_9275334.jpg

植物図鑑
花図鑑







[PR]
by ryudesuyo5 | 2011-09-26 09:31 | 秋の花
<< 白妙向日葵(シロタエヒマワリ) 葉黒草(ハグロソウ) >>