人気ブログランキング |
<< 台湾椿(タイワンツバキ) 石蕗(ツワブキ) >>

八重三友花(ヤエサンユウカ)

d0126545_548346.jpg

三友花(サンユウカ)はキョウチクトウ科サンユウカ属(タベルネモンタナ属)の常緑低木である。
原産地はインドである。
八重三友花(ヤエサンユウカ)はその園芸品種である。
三友花(サンユウカ)は白くて花冠が5つに深く裂けた梔子(クチナシ)に似た花をつけるが、その八重咲きの品種である。
樹高は1メートルから3メートルである。
葉は幅の広い楕円形で、向かい合って生える(対生)。
葉の質は分厚く、縁にぎざぎざ(鋸歯)はない(全縁)。
開花時期はほぼ周年である。
葉の脇や枝先に白い八重の花をつける。
花径は3、4センチで、夜間はよい香りを漂わせる。
英名はクレープジャスミン(crape jasmine)である。
写真は11月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Tabernaemontana divaricata cv. Flore Pleno


★本当は来てほしいのは夜中なの
 よい香りよと八重三友花
d0126545_548518.jpg

今日の花ドットコム
花図鑑
by ryudesuyo5 | 2010-11-09 05:49 | 四季咲きの花
<< 台湾椿(タイワンツバキ) 石蕗(ツワブキ) >>