人気ブログランキング |
<< 胡瓜(キュウリ) トマト >>

茄子(ナス)

d0126545_18381194.jpg

茄子(ナス)はナス科ナス属の一年草である。
原産地はインドである。
日本へは奈良時代に中国経由で渡来した。
和名の由来には諸説があるが、夏にとれる野菜「夏の実」から「なすび」になったとする説が有力だそうである。
草丈は50センチから100センチくらいである。
葉は卵形で、互い違いに生える(互生)。
開花時期は6月から10月である。
葉の脇に淡い紫色の花を下向きにつける。
実の形は様々で、長ナス、卵形ナス、丸ナスなどの種類がある。
「親の小言と茄子の花は千にひとつの無駄もない」といわれるように、茄子(ナス)の花は結実する割合が高い。
俳句では「茄子」「茄子の花」などが夏の季語だが、「秋茄子」のように秋の季語となるものもある。
写真は10月につくば植物園で撮った。
学名:Solanum melongena


★実の色と合わせるように茄子の花
 咲いて夏陽に俯くように

d0126545_18383119.jpg

今日の花ドットコム
花図鑑
by ryudesuyo5 | 2010-07-26 18:39 | 夏の花
<< 胡瓜(キュウリ) トマト >>