人気ブログランキング |
<< 露草(ツユクサ) アカンサス >>

花虎の尾(ハナトラノオ)

d0126545_626832.jpg

花虎の尾(ハナトラノオ)はシソ科ハナトラノオ属の多年草である。
原産地は北アメリカのバージニア州である。
日本へは大正時代に観賞用として渡来した。
別名を角虎の尾(カクトラノオ)ともいう。
草丈は60センチから120センチくらいである。
茎は直立し、断面は四角形である。
葉は披針形で、向かい合って生える(対生)。
葉の縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は7月から9月である。
四方に突き出すように花が咲き、花穂は四角錐のようになる。
花は下から順に次々と咲き上がっていく。
花の色はピンクや白や紫色などがある。
花径は2センチくらいの唇形で、内側に紅紫色の斑点がある。
写真は8月に軽井沢町植物園で撮った。
学名:Physostegia virginiana


★花の穂をぴんと突き出し咲き昇る
 花虎の尾は元気な姿

d0126545_6262977.jpg

今日の花ドットコム
花図鑑
by ryudesuyo5 | 2010-07-23 06:27 | 夏の花
<< 露草(ツユクサ) アカンサス >>