タグ:東南アジア ( 25 ) タグの人気記事

梯梧(デイゴ)

d0126545_16131812.jpg

梯梧(デイゴ)はマメ科デイゴ属の落葉高木である。
沖縄と小笠原諸島に分布する。
沖縄が分布の北限である。
また、小笠原のものは固有種(Erythrina boninensis)と考えられてきたが、最近では同種と見なされている。
沖縄県では県花とされている。
なお、鹿児島県の県花とされているのは近縁種のアメリカ梯梧(アメリカデイゴ)である。
海外では、台湾、中国、フィリピン、タイ、カンボジア、インド、南太平洋などにも分布する。
樹高は10メートルから15メートルくらいである。
幹や枝には太く鋭い棘が生えてい
葉は3出複葉(1枚の葉が3つの小さな葉に分かれた形)で、互い違いに生え(互生)。
小葉の形は卵形である。
開花時期は4月から5月である。
枝先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、鮮紅色の蝶形の花をつける。
花の後にできる実は豆果(莢の中に種子が入るもの)である。
属名の Erythrina はギリシャ語の「erythros(赤)」からきている。花の色からつけられた名である。
種小名の variegata は「斑入りの」という意味である。
写真は6月に木場公園で撮った。
学名:Erythrina variegata


★咲き方が梯梧と違って見えるけど
 名札を信じて載せてみようか
d0126545_16133752.jpg

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル





花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo5 | 2013-06-09 16:15 | 夏の花

小茄子(コナスビ)

d0126545_17393817.jpg

小茄子(コナスビ)はサクラソウ科オカトラノオ属の多年草である。
北海道から沖縄にかけて分布し、平地や山地の道ばたなどに生える。
海外では、台湾、中国南部、インドシナ半島、マレーシアなどにも分布する。
草丈は5センチから20センチくらいである。
茎は地を這って広がる。
葉は長さ1センチから2センチの卵円形で、向かい合って生える(対生)。
開花時期は5月から6月である。
葉の脇に花径5ミリから7ミリくらいの黄色い5弁花を1輪ずつつける。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
和名の由来は、萼のついた小さな果実の形が茄子(ナス)に似ることからきている。
属名の Lysimachia はマケドニア王「リュシマコス(Lysimachus)」の名からきている。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
写真は6月に旭山動物園で撮った。
学名:Lysimachia japonica


★小茄子の小さな花に笑み浮かぶ
 今度は果実写してみたい
d0126545_17395922.jpg

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo5 | 2013-06-04 17:41 | 夏の花

文旦(ブンタン)

d0126545_13233754.jpg

文旦(ブンタン)はミカン科ミカン属の常緑小高木である。
原産地はマレーシアである。
日本へは江戸時代の初期に中国から渡来した。
鹿児島県に漂着した中国の難破船に積まれていたものが国内で広まったという。
和名の由来は、その船の船長だった謝文旦さんからきている。
別名をザボン、ボンタンという。
樹高は3~10メートルくらいである。
葉は長さ10センチくらいの楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の柄には翼がある。
開花時期は5~6月である。
枝先に白い大形の5弁花が集まってつく。
実は冬に黄色く熟する。
外皮が厚く、果汁は少ない。
実の直径は15センチくらいあり大きい。
皮や果肉を砂糖漬けにしたり、マーマレードの原料とする。
また、ボンタン飴も有名である。
俳句の季語は秋である。
属名の Citrus はレモンに対する古い呼び名である。
種小名の maxima は「最大の」という意味である。
写真は2月に鹿児島市の磯庭園で撮った。
学名:Citrus maxima


★大きいと知ってはいたが実際に
 文旦を見て口をあんぐり
d0126545_1323595.jpg

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by ryudesuyo5 | 2012-01-23 13:27 | 果実

四季橘(シキキツ)

d0126545_13115083.jpg

四季橘(シキキツ)はミカン科ミカン属の常緑低木である。
台湾、中国本土、東南アジア、インドなどで栽培されている。
特にフィリピンではカラマンシー(kalamansi)の名で広く栽培されている。
日本へは江戸時代末期に中国から渡来した。
そこから唐金柑(トウキンカン)の別名もある。
樹高は3~5メートルくらいである。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の質は厚く、艶がある。
開花時期は周年である。
花は香りのよい白い5弁花である。
実は直径25~45ミリの球形の柑果(多心皮性の液果)で、橙色に熟する。
果皮は薄くてむきやすく、酸味が強いが生食できる。
沖縄産のシークワーサージュースの成分の90パーセントは台湾産の四季橘(シキキツ)だそうである。
属名の Citrus はレモンに対する古い呼び名である。
種小名の madurensis は「(インドネシアの)マドゥラ島(Madura)の」という意味である。
写真は4月に箱根の強羅公園で撮った。
学名:Citrus madurensis


★四季橘の強い香りに誘われつ
 見つけた花は白く輝き
d0126545_13121322.jpg

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by ryudesuyo5 | 2012-01-15 13:13 | 果実

子持ち孔雀椰子(コモチクジャクヤシ)

d0126545_1349945.jpg

子持ち孔雀椰子(コモチクジャクヤシ)はヤシ科クジャクヤシ属の常緑高木である。
東南アジアからインドにかけて分布する。
日本へは明治時代の中期に渡来した。
樹高は5~10メートルくらいである。
ヤシ科にしてはめずらしく、葉は地際から束になって生え(束生)、株立ち状となる。
そのため中国名は「叢立孔雀椰子」という。
ここから株立ち孔雀椰子(カブダチクジャクヤシ)の別名もある。
葉は2回羽状複葉である。
羽状複葉というのは、鳥の羽のように左右に小葉がいくつか並んで1枚の葉が構成されるもののことである。
それがもう1回枝分かれを繰り返して1枚の葉となる。
小葉の形は、公孫樹(イチョウ)の葉に似ている。
英名はフィッシュテールパーム(Fishtail palm)である。
これは、葉の形を魚の尾びれに見立てたものである。
葉の先をもぎ取ったような形をしている。
開花時期は夏である。
肉穂花序(花軸が多肉化して花が表面に密生したもの)を下垂させて、淡い紅色を帯びた花をつける。
花の後には、たくさんの実を垂れ下がらせてつける。
属名の Caryota はギリシャ語の「karyon(堅果)」からきている。
種小名の mitis は「温和な」という意味である。
写真は12月に板橋区熱帯環境植物館で撮った。
学名:Caryota mitis


★だらりんと実をぶら下げたその姿
 どこが孔雀と不気味に思い
d0126545_13493570.jpg

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by ryudesuyo5 | 2012-01-07 13:51 | 観葉植物

カメリア・オレイフェラ

d0126545_9393778.jpg

カメリア・オレイフェラはツバキ科ツバキ属サザンカ群の常緑低木である。
和名を油茶(ユチャ)という。
中国、台湾、東南アジアなどに分布し、採油用に栽培されている。
日本へは昭和時代の初期に採油用として渡来した。
今日では観賞用とされている。
樹高は1~5メートルくらいである。
葉は長めの楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の質は厚く、表面は緑色ないし黄緑色である。
葉の縁には細かなぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花期は10~1月である。
花の色は白く、花径は4~7センチくらいである。
花びら(花弁)の数は5~9枚である。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Camellia はイエズス会の宣教師「カメル(G. J. Kamell)さん」の名からきている。マニラに住み、東アジアの植物を採集した。
種小名の oleifera は「油性の」という意味である。
写真は11月につくば植物園で撮った。
学名:Camellia oleifera


★散り急ぐわけでもないが油茶の花
 どこか切ない気配漂い
d0126545_9413482.jpg

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by ryudesuyo5 | 2012-01-02 09:43 | 冬の花

マニラ椰子(マニラヤシ)

d0126545_1284631.jpg

マニラ椰子(マニラヤシ)はヤシ科フィジーノヤシ属の常緑小高木である。
原産地はフィリピンである。
樹高は4~6メートルである。
幹は細く、つけ根の部分がやや膨らむ。
葉は羽状複葉である。
鳥の羽のように左右に小葉がたくさん並んで1枚の葉が構成される。
小葉の先端は不定形に切れ込んでいる。
葉は幹の先に数枚束になって生える(束生)。
複葉は弓のように湾曲している。
花は房状につき、クリーム色である。
雌雄異株で、雌株には真っ赤な赤い実が房状につく。
英名はクリスマスパーム(Christmas palm)である。
属名の Veitchia はイギリス人の園芸家「ビーチ(J. G. Veitch)さん」の名からきている。
種小名の merrillii はマニラの植物採集家「メリル(E. D. Merrill)さんの」という意味である。
写真は11月に沖縄県本部町の熱帯・亜熱帯都市緑化植物園で撮った。
学名:Veitchia merrillii


★小形でも姿かたちが美しく
 これが椰子さと誇るがごとく
d0126545_129882.jpg

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by ryudesuyo5 | 2011-12-27 12:10 | 観葉植物

蟹草(カニクサ)

d0126545_11363185.jpg

蟹草(カニクサ)はフサシダ科カニクサ属の多年草である。
本州の東北地方から沖縄にかけて分布し、山麓や人家の近くに生える。
海外では、中国、タイにも分布する。
シダ類にはめずらしい蔓性で、他の植物に巻きついて伸びる。
ただし、蔓のように見えるのは葉の主脈にあたる部分である。
複数の葉のように見えるが、それぞれは1枚の葉の羽片である。
胞子嚢は羽片の縁につき、胞子嚢のつく羽片とつかない羽片がある。
蔓は細くて硬い。
和名の由来は、この蔓を蟹釣りに利用したことからきている。
別名を蔓忍(ツルシノブ)という。
属名の Lygodium はギリシャ語の「lygodes(柔軟な)」からきている。細長く柔軟な蔓状の茎の様子から名づけられた。
種小名の japonicum は「日本の」という意味である。
写真は12月につくば植物園で撮った。
学名:Lygodium japonicum


★名の由来紐解きみれば面白い
 蟹草の葉は冬も緑で
d0126545_11364632.jpg

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by ryudesuyo5 | 2011-12-25 11:38 | 観葉植物

唐棕櫚(トウジュロ)

d0126545_11594311.jpg

唐棕櫚(トウジュロ)はヤシ科シュロ属の常緑高木である。
原産地は中国、ミャンマーである。
樹高は5~10メートルである。
日本にも分布する棕櫚(シュロ)の近縁種である。
棕櫚(シュロ)に比べて葉の柄が短く、葉の裂片の先が内に折れて垂れ下がらないなどの違いがある。
開花時期は5~6月である。
雌雄異株である。
花穂に淡い黄色の3弁花を密につける。
結実期は9~11月である。
実は平たい球形で淡い黄色から青黒色に熟する。
属名の Trachycarpus はギリシャ語の「trachys(ざらついた)+carpos(果実)」からきている。果実の表面の様子から名づけられた。
種小名の wagnerianus はドイツ人の植物収集家「ワグナー(A. Wagner)さんの」という意味である。
写真は5月に川口市立グリーンセンターで撮った。
学名:Trachycarpus wagnerianus


★名札みてなるほどこれかと呟きつ
 唐棕櫚の木を肌で感じて
d0126545_120859.jpg

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by ryudesuyo5 | 2011-12-16 12:02 | 観葉植物

振分珊瑚花(フリワケサンゴバナ)

d0126545_13354888.jpg

振分珊瑚花(フリワケサンゴバナ)はキツネノマゴ科イセハナビ属(ストロビランテス属)の常緑小低木である。
ディフルゴサ・コロラタの名で表示する植物園もある。
ディフルゴサ属はイセハナビ属とシノニムである。
原産地はジャワ島である。
樹高は1~2メートルである。
葉は卵形で、向かい合って生える(対生)。
葉の縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は周年である。
花は赤紫色の筒状で釣船草(ツリフネソウ)に似ているが、垂れ下がって咲く。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Strobilanthes はギリシャ語の「strobilos(球果)+anthos(花)」からきている。球果状の花序といった意味がある。
種小名の colorata は「彩色された」という意味である。
写真は10月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Strobilanthes colorata(=Diflugossa colorata)


★もう少し見せてほしいな花の中
 ピンクに染まりもじもじ咲くが
d0126545_1336774.jpg

植物図鑑
花図鑑







[PR]
by ryudesuyo5 | 2011-12-09 13:40 | 四季咲きの花