タグ:南アフリカ ( 15 ) タグの人気記事

姫緋扇(ヒメヒオウギ)

d0126545_1459212.jpg

姫緋扇(ヒメヒオウギ)はアヤメ科フリージア属の多年草である。
かつてはラペイロウジア属(Lapeirousia)やアノマテカ属(Anomatheca)に分類されていた。
原産地は南アフリカのケープ地方である。
山地の岩場に生える。
表記の名は流通名で、別名を姫緋扇文目(ヒメヒオウギアヤメ)ともいう。
学名のフリージア・ラクサで表示するものもある。
日本へは大正時代に観賞用として渡来した。
草丈は20~30センチである。
根際から生える葉は剣状である。
開花時期は4~6月である。
花の色は白、桃色、緋色などのものがある。
花径は2~3センチである。
6枚の花被片のうち下側の3枚のつけ根の部分に濃い紅色の斑が入る。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Freesia はドイツ人の医師「フレーゼ(Friedrich Heinrich Theodor Freese, 1795-1876)さん」の名からきている。
種小名の laxa は「疎らな、開いた」という意味である。
写真は4月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Freesia laxa(=Lapeirousia laxa)


★愛らしいポイントのある花模様
 姫緋扇は高山の花
d0126545_14594997.jpg

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo5 | 2013-05-11 15:02 | 春の花

木立ちアロエ(キダチアロエ)

d0126545_8505644.jpg

木立ちアロエ(キダチアロエ)はユリ科アロエ属の多年草である。
分類体系によっては、アロエ科やツルボラン科に分類されることもある。
原産地は南アフリカである。
ワシントン条約によって輸出入は制限されている。
草丈は30~100センチくらいである。
名の通り茎が伸びて立ち上がる。
根際からロゼット状に生える葉は剣状で肉厚である。
葉の縁には三角形の棘がたくさんある。
開花時期は12~2月くらいである。
茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、オレンジ色をした筒状の花をたくさんつける。
花は長さが4センチくらいあり、先は6つに裂ける。
雄しべは6本あり、花冠から突き出る。
葉肉は民間薬として利用される。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Aloe はアラビア語の「alloeh(苦味のある)」からきている。葉に苦い汁液があることから名づけられた。
種小名の arborescens は「小高木の」という意味である。
写真は12月に夢の島熱帯植物館で撮った。
学名:Aloe arborescens


★寒さなど何するものと立ち上がる
 木立ちアロエに風打ちつけて
d0126545_8513049.jpg

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by ryudesuyo5 | 2011-12-19 08:55 | 冬の花

ユリオプス・デージー

d0126545_13131791.jpg

ユリオプス・デージーはキク科エウリオプス属の常緑半低木である。
属名の読み方は「ユリオプス」とするものもある。
これは属名の英語読みだが、こちらのほうが流通名に用いられている。
原産地は南アフリカのケープ地方である。
日本へは1972年にアメリカ経由で渡来した。
草丈は30~100センチくらいである。
葉は羽状に深い切れ込みがあって細長い。
茎や葉には軟毛が生え、銀白色をしている。
開花時期は9~6月である。
比較的寒さに強く、鮮やかな黄色の花が寒い季節に長期間楽しめる。
花径は3~4センチで、舌状花、筒状花ともに黄色い。
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
属名の Euryops はギリシャ語の「eurys(大きな)+ops(目)」からきている。目立つ花を咲かせることを表したものである。
種小名の pectinatus は「櫛の歯状の」という意味である。
写真は9月に川口市立グリーンセンターで撮った。
学名:Euryops pectinatus


★幸せよ君に届けとイエローの
 花びら揺れる風寒くとも
d0126545_13133259.jpg

植物図鑑
花図鑑







[PR]
by ryudesuyo5 | 2011-11-15 13:16 | 秋の花

眉刷毛万年青(マユハケオモト)

d0126545_9164483.jpg

眉刷毛万年青(マユハケオモト)はヒガンバナ科マユハケオモト属の常緑多年草である。
原産地は南アフリカである。
日本へは明治時代の初期に渡来した。
草丈は10~20センチくらいである。
根際から生える葉は長めの楕円形で、長さは15~20センチくらいになる。
葉の質は肉質で分厚い。
開花時期は9~11月である。
花茎を伸ばし、「眉刷毛」に似た白い花をつける。
先が黄色いのが雄しべで、先が裂けているのが雌しべである。
花の後にできる実は液果(果皮が肉質で液汁が多い実)である。
属名からきたハエマンサスの名でも流通している。
属名の Haemanthus はギリシャ語の「haima(血)+anthos(花)」からきている。
種小名の albiflos は「白い」という意味である。
写真は9月に北大植物園で撮った。
学名:Haemanthus albiflos


★眉刷毛を思わすようなユニークな
 花の姿が人気を呼んで
d0126545_91761.jpg

植物図鑑
花図鑑







[PR]
by ryudesuyo5 | 2011-09-14 09:19 | 秋の花

トリトマ

d0126545_1133594.jpg

トリトマ(Tritoma)はユリ科シャグマユリ属の多年草である。
分類体系によってはツルボラン科とされる。
トリトマの名は旧属名である。
原産地は南アフリカの喜望峰地方である。
日本へは明治時代の中期に渡来し、切り花や花壇用に栽培されている。
和名は赤熊百合(シャグマユリ)、英名はトーチリリー(torch lily)である。
別名を大トリトマ(オオトリトマ)という。
開花時期は6~10月である。
草丈は60から120センチくらいである。
根際から生える葉は剣状である。
長い花茎の上部に、筒状の花を穂状につける。
花は先が小さく6つに裂けていて下向きに密生し、下から咲きあがる。
蕾のうちは紅色で咲き進むと黄色になるので、上部が紅色、下部が黄色に見える。
小型の姫トリトマ(ヒメトリトマ:Kniphofia triangularis)との交雑で多くの園芸品種が生まれている。
そうしたものには、白、オレンジ、ピンク、赤などのものがある。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Kniphofia はドイツの植物学者「クニホフ(J. H. Kniphof)さん」の名からきている。
種小名の uvaria は「(バンレイシ科の)ウバリア属の」という意味である。
写真は7月に野田市の清水公園花ファンタジアで撮った。
学名:Kniphofia uvaria


★夏空をめざし元気に咲き昇る
 トーチリリーの花は爽やか
d0126545_11333396.jpg

植物図鑑
花図鑑







[PR]
by ryudesuyo5 | 2011-09-10 11:35 | 秋の花

花アロエ(ハナアロエ)

d0126545_1036383.jpg

花アロエ(ハナアロエ)はユリ科ブルビネ属の常緑多年草(小低木)である。
分類体系によってはハナツルボ科とされる。
南アフリカのケープ地方からモザンビークにかけて分布する。
アロエに近い多肉植物である。
草丈は50~60センチくらいである。
根元からよく枝分かれをし、株立ち状(根元から何本もの細い幹を立ち上がらせる)となる。
茎は木質化すをする。
葉は細長い披針形(笹の葉のような形)で、根元から横にひろがる。
質は肉厚である。
開花時期は3~8月だが、暖地では周年性がある。
茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、淡い黄色の花をたくさんつける。
花被片は6枚で反り返る。
花は一日花である。
園芸品種も多く、白や橙色のものもある。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
英名はスネークフラワー(snake flower)である。
属名の Bulbine はギリシャ語の「bulbos(鱗茎)」からきている。この属の植物のほとんどが球根性であることから名づけられた。
種小名の frutescens は「低木状の」という意味である。
写真は11月に沖縄県の東南植物楽園で撮った。
学名:Bulbine frutescens


★肉厚の葉っぱ広げて花アロエ
 どんどん咲くよ命受け継ぎ
d0126545_1036225.jpg

植物図鑑
花図鑑




[PR]
by ryudesuyo5 | 2011-07-07 10:37 | 夏の花

リビングストンデージー

d0126545_12584135.jpg

リビングストンデージーはツルナ科ドロテアンツス属の一年草である。
分類体系によってはハマミズナ科とされる場合もある。
その名前からキク科の雛菊(デージー)を連想させるが、仲間が異なる。
松葉菊(マツバギク)やポーチュラカと近い仲間である。
原産地は南アフリカのケープ地方である。
リビングストンはイギリスの探検家であったリビングストンの名前に由来する。
日本には1935年に渡来した。
草丈は10~15センチくらいである。
茎はよく枝分かれをし、匍匐して広がる。
葉はスプーンのへらのような形をしており、多肉質である。
花期は3月~5月である。
花の大きさ4センチくらいである。
花色は紅、紫紅、桃、橙、黄、白など変化に富んでおり、多くは蛇の目咲きをする。
花は光線を受けると開き、夜だけでなく雨や日陰など光線の弱いときにも閉じる。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
リビングストンデージーと松葉菊(マツバギク)は花の形がよく似てる。
それに、どっちも多肉質な感じの茎や葉を持っているが、大きな違いはリビングストンデージーの花心に蛇の目模様があることである。
属名の Dorotheanthus はの「Dorothea(命名者の母親の名)+anthus(花)」からきている。
種小名の bellidiformis は「ヒナギク属(Bellis)のような形の」という意味である。
写真は6月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Dorotheanthus bellidiformis


★陽射し浴び宝石箱を見るように
 眩しく花は光り輝き
☆花びらを細かく揺らし輝ける
 春の陽射しに喜びながら
d0126545_12585880.jpg

今日の花ドットコム
花図鑑
[PR]
by ryudesuyo5 | 2011-05-26 13:00 | 春の花

ローズゼラニウム

d0126545_1148588.jpg

ローズゼラニウム(Rose geranium)はフウロソウ科テンジクアオイ属の常緑小低木である。
原産地は南アフリカである。
樹高は30~100センチくらいである。
葉には柄があり、深く3つに裂ける。
裂片はさらに細かく切れ込む。
葉には甘い薔薇の香りがあり、ローズティーの原料となる。
また、窓辺に置くと防虫効果があるという。
開花時期は3~6月である。
よく枝分かれをし、花径3センチくらいの淡いピンク色をした5弁花をたくさん咲かせる。
花びらのうちの2枚に濃い紅紫色の斑が入る。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
和名は匂い天竺葵(ニオイテンジクアオイ)である。
蚊連草(カレンソウ)という流通名もある。
属名の Pelargonium はギリシャ語の「pelargos(コウノトリ)」からきている。実の形がコウノトリのくちばしに似ることから名づけられた。
種小名の graveolens は「強い臭いのある」という意味である。
写真は4月に伊豆海洋公園で撮った。
学名:Pelargonium graveolens


★どことなく花の姿が魅惑的
 名前のせいかな色のせいかな
d0126545_11482449.jpg

今日の花ドットコム
花図鑑
[PR]
by ryudesuyo5 | 2011-05-25 11:49 | 春の花

芙蓉酢漿草 (フヨウカタバミ)

d0126545_1351450.jpg

芙蓉酢漿草 (フヨウカタバミ) はカタバミ科カタバミ属の多年草である。
原産地は南アフリカのケープ地方である。
学名のオキザリス・プルプレアの名でも知られている。
また、学名には異名があり、オキザリス・バリアビリスとも呼ばれる。
草丈は5~20センチくらいである。
葉は3出複葉(1枚の葉が3つの小さな葉に分かれた形)である。
小葉の形は円形ないし倒卵形である。
葉の柄の長さは5~10センチくらいある。
開花時期は3~5月である。
花径5~6センチの芙蓉 (フヨウ) に似たピンクや白の花を花茎に1つつける。
花の色は豊富で、紅、赤、黄、紫、橙などのものもあるという。
花が咲くのは昼の間だけで、朝と夕方は閉じてしまう。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Oxalis はギリシャ語の「oxys(酸っぱい)」に由来する。この属の植物にはしゅう酸を含み酸っぱいものが多いことからきている。
種小名の purpurea は「紫色の」という意味である。
種小名の variabilis は「変化に富む」という意味である。
写真は4月に伊豆海洋公園で撮った。
学名:Oxalis purpurea(=Oxalis variabilis)


★暖かな春の陽射しに元気よく
 芙蓉酢漿草花を開いて
d0126545_13512131.jpg

今日の花ドットコム
花図鑑
[PR]
by ryudesuyo5 | 2011-05-23 13:52 | 春の花

オキザリス・ベルシコロル

d0126545_1118512.jpg

オキザリス・ベルシコロルはカタバミ科カタバミ属(オキザリス属)の多年草である。
種小名の読み方は「ウェルシコロル」とするものもある。
原産地は南アフリカのケープ地方である。
種小名を英語読みしたオキザリス・バーシカラーの名でも流通している。
草丈は10センチから20センチくらいである。
根際から生える葉は3出複葉(1枚の葉が3つの小さな葉に分かれた形)である。
小葉の形は線形である。
開花時期は10月から4月くらいである。
花径2センチくらいの白い花を茎先に1つずつつける。
花は陽射しを受けると開き、朝夕は閉じている。
花被片の外側には紅紫色の螺旋状の筋が入るので、開花時と閉じた時の様子が異なる。
写真は11月に千葉市花の美術館で撮った。
学名:Oxalis versicolor


★くるくると渦巻くような縞模様
 隠し花咲くバーシカラーは
d0126545_11182389.jpg

今日の花ドットコム
花図鑑
[PR]
by ryudesuyo5 | 2010-11-23 11:19 | 秋の花