タグ:南アジア ( 24 ) タグの人気記事

梯梧(デイゴ)

d0126545_16131812.jpg

梯梧(デイゴ)はマメ科デイゴ属の落葉高木である。
沖縄と小笠原諸島に分布する。
沖縄が分布の北限である。
また、小笠原のものは固有種(Erythrina boninensis)と考えられてきたが、最近では同種と見なされている。
沖縄県では県花とされている。
なお、鹿児島県の県花とされているのは近縁種のアメリカ梯梧(アメリカデイゴ)である。
海外では、台湾、中国、フィリピン、タイ、カンボジア、インド、南太平洋などにも分布する。
樹高は10メートルから15メートルくらいである。
幹や枝には太く鋭い棘が生えてい
葉は3出複葉(1枚の葉が3つの小さな葉に分かれた形)で、互い違いに生え(互生)。
小葉の形は卵形である。
開花時期は4月から5月である。
枝先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、鮮紅色の蝶形の花をつける。
花の後にできる実は豆果(莢の中に種子が入るもの)である。
属名の Erythrina はギリシャ語の「erythros(赤)」からきている。花の色からつけられた名である。
種小名の variegata は「斑入りの」という意味である。
写真は6月に木場公園で撮った。
学名:Erythrina variegata


★咲き方が梯梧と違って見えるけど
 名札を信じて載せてみようか
d0126545_16133752.jpg

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル





花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo5 | 2013-06-09 16:15 | 夏の花

ヒマラヤ杉(ヒマラヤスギ)

d0126545_15113564.jpg

ヒマラヤ杉(ヒマラヤスギ)はマツ科ヒマラヤスギ属の常緑高木である。
「杉」の名がつくがマツ科である。
ヒマラヤの北西部、アフガニスタン東部、パキスタン北部、インド北部、チベットなどに分布する。
日本へは明治時代の初期に渡来した。
庭木や公園樹としてよく植えられている。
樹高は20~30メートルである。
幹は直立し、樹冠は円錐形になる。
樹皮は灰褐色で、細かく鱗片状に剥がれる。
葉は針形である。
短枝には束生し、長枝には螺旋状に散生する。
開花時期は10~11月である。
雌雄同株である。
雌花は円錐形で、淡い緑色をしている。
雄花は穂状で直立する。
球果(マツカサ)は卵形で、翌年の秋に熟する。
材は、建築材、土木材、家具材などに用いられる。
属名の Cedrus はギリシャ語の「cedros(香りの良い材木)」からきている。
種小名の deodara は「神木」という意味である。
写真は2月に新宿御苑で撮った。
下の写真は1月に小石川植物園で撮った。
学名:Cedrus deodara


★あったぞと興奮気味にカメラ向け
 ヒマラヤ杉の花を収めて
d0126545_15121036.jpg

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル





[PR]
by ryudesuyo5 | 2012-02-05 15:15 | 観葉植物

四季橘(シキキツ)

d0126545_13115083.jpg

四季橘(シキキツ)はミカン科ミカン属の常緑低木である。
台湾、中国本土、東南アジア、インドなどで栽培されている。
特にフィリピンではカラマンシー(kalamansi)の名で広く栽培されている。
日本へは江戸時代末期に中国から渡来した。
そこから唐金柑(トウキンカン)の別名もある。
樹高は3~5メートルくらいである。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の質は厚く、艶がある。
開花時期は周年である。
花は香りのよい白い5弁花である。
実は直径25~45ミリの球形の柑果(多心皮性の液果)で、橙色に熟する。
果皮は薄くてむきやすく、酸味が強いが生食できる。
沖縄産のシークワーサージュースの成分の90パーセントは台湾産の四季橘(シキキツ)だそうである。
属名の Citrus はレモンに対する古い呼び名である。
種小名の madurensis は「(インドネシアの)マドゥラ島(Madura)の」という意味である。
写真は4月に箱根の強羅公園で撮った。
学名:Citrus madurensis


★四季橘の強い香りに誘われつ
 見つけた花は白く輝き
d0126545_13121322.jpg

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by ryudesuyo5 | 2012-01-15 13:13 | 果実

子持ち孔雀椰子(コモチクジャクヤシ)

d0126545_1349945.jpg

子持ち孔雀椰子(コモチクジャクヤシ)はヤシ科クジャクヤシ属の常緑高木である。
東南アジアからインドにかけて分布する。
日本へは明治時代の中期に渡来した。
樹高は5~10メートルくらいである。
ヤシ科にしてはめずらしく、葉は地際から束になって生え(束生)、株立ち状となる。
そのため中国名は「叢立孔雀椰子」という。
ここから株立ち孔雀椰子(カブダチクジャクヤシ)の別名もある。
葉は2回羽状複葉である。
羽状複葉というのは、鳥の羽のように左右に小葉がいくつか並んで1枚の葉が構成されるもののことである。
それがもう1回枝分かれを繰り返して1枚の葉となる。
小葉の形は、公孫樹(イチョウ)の葉に似ている。
英名はフィッシュテールパーム(Fishtail palm)である。
これは、葉の形を魚の尾びれに見立てたものである。
葉の先をもぎ取ったような形をしている。
開花時期は夏である。
肉穂花序(花軸が多肉化して花が表面に密生したもの)を下垂させて、淡い紅色を帯びた花をつける。
花の後には、たくさんの実を垂れ下がらせてつける。
属名の Caryota はギリシャ語の「karyon(堅果)」からきている。
種小名の mitis は「温和な」という意味である。
写真は12月に板橋区熱帯環境植物館で撮った。
学名:Caryota mitis


★だらりんと実をぶら下げたその姿
 どこが孔雀と不気味に思い
d0126545_13493570.jpg

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by ryudesuyo5 | 2012-01-07 13:51 | 観葉植物

榕樹(ガジュマル)

d0126545_161519.jpg

榕樹(ガジュマル)はクワ科イチジク属の常緑高木である。
屋久島から沖縄にかけて分布する。
海外では、台湾やインドからオーストラリアにかけて分布している。
「ガジュマル」というのは沖縄方言だが、由来は不明という。
沖縄ではこの木にキジムナーという精霊が棲むと伝えられている。
樹高は10~20メートルくらいである。
たくさんの気根(空気中に伸びる根)を垂れ下がらせる。
気根ははじめは細いが、やがて幹のように発達する。
葉は卵形で、互い違いに生える(互生)。
革質で分厚い。
開花時期は5月ころである。
無花果(イチジク)のような隠頭花序(花軸の先が膨らんで壷型となり、その中に単性の花を密生する)をつける。
実は8~9月ころに淡い紅色に熟する。
属名の Ficus はイチジクのラテン語古名からきている。
種小名の retusa は「ややくぼみのある形の」という意味である。
写真は12月に沖縄県本部町の熱帯・亜熱帯都市緑化植物園で撮った。
学名:Ficus retusa


★妖怪が棲むといわれるガジュマルの
 姿怪しく物陰見つめ
d0126545_162993.jpg

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by ryudesuyo5 | 2012-01-01 16:04 | 観葉植物

ライム

d0126545_10311120.jpg

ライム(lime)はミカン科ミカン属の常緑低木である。
原産地はインドの北東部と考えられている。
現在では、広く熱帯・亜熱帯地域で栽培されている。
樹高は2~3メートルである。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
開花時期は5~10月である。
花は柑橘類特有の白い5弁花である。
実は直径6~8センチくらいで、レモンより少し小さく丸っぽい。
果皮は緑色で、果肉も緑色がかる。
酸味と苦味があり、果汁をカクテルや料理などに利用する。
メキシカンライムとタヒチライムの2系統があり、日本へ輸入されるのは主にメキシカンライムである。
属名の Citrus はレモンに対する古い呼び名である。
種小名の aurantifolia は「黄金色の葉の」という意味である。
写真は11月にJAあゆみ野安行園芸センターで撮った。
下の写真は4月に大阪市の咲くやこの花館で撮った。
学名:Citrus aurantifolia


★ほろ苦い大人の味に酔いしれた
 懐かしの味甘い郷愁
d0126545_10314622.jpg

植物図鑑
花図鑑









[PR]
by ryudesuyo5 | 2011-12-03 10:35 | 作物

千両(センリョウ)

d0126545_1475958.jpg

千両(センリョウ)はセンリョウ科センリョウ属の常緑小低木である。
本州の関東地方から沖縄にかけて分布し、林の中に生える。
海外では、東アジアからインドにかけて分布する。
名前がめでたいということから正月の縁起物とされる。
樹高は50~100センチくらいである。
葉は楕円形で、向かい合って生える(対生)。
葉の縁には鋭いぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は7~8月である。
枝先に穂状花序(柄のない花が花茎に均等につく)を出し、黄緑色の小さな花をつける。
花には花被はなく、ずんぐりした雌しべの脇から雄しべが出る。
結実時期は10~2月くらいである。
葉の上につく実は核果(水分を多く含み中に種が1つある)で、熟すと赤くなる。
俳句の季語は冬である。
属名の Sarcandra は古い中国名からきているとされる。
種小名の glabra は「無毛の」という意味である。
写真は12月にJAあゆみ野安行園芸センターで撮った。
学名:Sarcandra glabra


★葉の上に繁る赤い実千両の
 価値はありやと問うて何する
d0126545_1482095.jpg

植物図鑑
花図鑑







[PR]
by ryudesuyo5 | 2011-11-16 14:11 | 果実

秋咲き梛蘭(アキザキナギラン)

d0126545_520318.jpg

秋咲き梛蘭(アキザキナギラン)はラン科シュンラン属の多年草である。
本州の和歌山県、九州の長崎県、宮崎県、鹿児島県に分布し、山地の林の中に生える。
海外では、台湾、マレーシア、インドなどにも分布する。
環境省のレッドリスト(2007)では、「IA類ほどではないが、近い将来における絶滅の危険性が高い種」である絶滅危惧IB類(EN)に登録されている。
草丈は30~55センチくらいである。
茎は直立する。
葉は長い披針形(笹の葉のような形)で、数枚が互い違いに生える(互生)。
葉は革質で薄い。
開花時期は10~11月である。
偽球茎(ラン科の植物で地上茎の一部が肥大したもの)の下部から総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、3~20輪の花をつける。
萼片と花弁のうち2枚は黄緑色である。
残る1枚の唇弁は白く、紅紫色の斑点が入る。
名の由来は、秋に咲き葉がマメ科の樹木の梛(ナギ)に似ているというところからきている。
別名を乙女梛蘭(オトメナギラン)ともいう。
沖縄に生えるものはやや大型なので大梛蘭(オオナギラン)として分離された。
属名の Cymbidium はギリシャ語の「cymbe(舟)+eidso(形)」からきている。唇弁の形から名づけられた。
種小名の javanicum は「ジャワ島の」という意味である。
変種名の aspidistrifolium は「盾(aspidistra)のような葉の」という意味である。
写真は10月につくば植物園で撮った。
学名:Cymbidium javanicum var. aspidistrifolium


★この模様見てほしいのよどうかしら
 乙女梛蘭着飾るように
d0126545_5202643.jpg

植物図鑑
花図鑑







[PR]
by ryudesuyo5 | 2011-11-10 05:22 | 秋の花

鶏頭(ケイトウ)

d0126545_10284395.jpg

鶏頭(ケイトウ)はヒユ科ケイトウ属の一年草である。
原産地はインドである。
日本へは中国を経由して天平時代に渡来した。
韓藍(からあい)の名で万葉集にも登場する。
名の由来は、花序をニワトリの鶏冠(とさか)に見立てたものである。
園芸品種には四つの系統がある。
最も一般的な鶏冠鶏頭(トサカケイトウ)系、球形の花序つける久留米鶏頭(クルメゲイトウ)系、羽毛のような花序をつける房鶏頭(フサゲイトウ)系、花序の先が硬くとがる槍鶏頭(ヤリゲイトウ)系である。
高さは30~90センチくらいになる。
茎は木質化して硬い。
葉は長い楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖り、つけ根の部分も細くなる。
開花時期6~9月である。
鶏のトサカのような形の花を咲かせる。
花の色には黄色、オレンジ、赤などがある。
花弁はなく萼片が5枚、雄しべが5本である。
花の後にできる実は胞果(薄皮のような果皮の中に種子が1個入っているもの)である。
蓋がとれるように割れて、艶のある黒い種子が現れる。
俳句の季語は秋である。
属名の Celosia はギリシャ語の「keleos(燃やした)」からきている。焼けたように赤く乾燥した様子を表したものである。
種小名の cristata は「鶏冠のような」という意味である。
写真は10月に小石川植物園で撮った。
学名:Celosia cristata


★万葉に韓藍(からあい)の名で詠まれたる
 君さす紅は南国の色
d0126545_1029052.jpg

植物図鑑
花図鑑







[PR]
by ryudesuyo5 | 2011-09-11 10:30 | 秋の花

紅苦菜(ベニニガナ)

d0126545_1235534.jpg

紅苦菜(ベニニガナ)はキク科ウスベニニガナ属の一年草である。
カカリア属(Cacalia)に分類する場合もある。
原産地は中国南部、インド東部である。
熱帯アメリカ説もある。
属名のエミリア、カカリアや絵筆菊(エフデギク)などの名でも流通している。
主に切り花として利用される。
また、本州、四国、沖縄で野生化している。
草丈は30~60センチくらいである。
根際から生える葉は長い楕円形で、ロゼット状に生える。
茎につく葉は、互い違いに生える(互生)。
葉のつけ根の部分は茎を抱く。
開花時期は6~11月くらいである。
茎先で枝分かれをし、先に花径15ミリくらいの赤い小さな花(頭花)を次々とつける。
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
属名の Emilia の由来はまだ解明できていない。
種小名の sagittata は「やじり形の」という意味である。
写真は11月に千葉市花の美術館で撮った。
学名:Emilia sagittata


★小さくてだけど可愛いエミリアは
 細い茎先花を揺らして
d0126545_1241722.jpg

植物図鑑
花図鑑







[PR]
by ryudesuyo5 | 2011-09-08 12:06 | 秋の花