タグ:北アフリカ ( 4 ) タグの人気記事

熊葛(クマツヅラ)

d0126545_5123380.jpg

熊葛(クマツヅラ)はクマツヅラ科クマツヅラ属の多年草である。
本州から沖縄にかけて分布し、道端や原野などに生える。
海外では、アジア、ヨーロッパ、北アフリカなどに広く分布する。
草丈は30~80センチくらいである。
地下茎が横に這う。
茎は直立して上部で枝分かれをし、断面は四角形である。
全体に細かい毛が生える。
根際から生える葉は卵形で3つから5つに裂け、裂片は更に羽状に切れ込む。
葉は向かい合って生える(対生)。
葉の表面は葉脈に沿ってへこみ、皺のようになっている。
開花時期は6~9月である。
茎の上部に穂状花序(柄のない花が花茎に均等につく)を出し、淡い紅紫色の花をたくさんつける。
花径は4ミリくらいで、花冠は5つに裂けて横に平らに開く。
蕚は筒状で5つに裂ける。
雄しべは4本、雌しべは1本である。
花の後にできる実は分果(複数の子房からできた果実)で、4つのブロックからなる。
全草を乾燥させたものを生薬の馬鞭草(ばべんそう)といい、黄疸や下痢の治療薬とされる。
属名の Verbena は宗教上で神聖なある草のラテン名と考えられている。
種小名の officinalis は「薬用の」という意味である。
写真は6月に小石川植物園で撮った。
学名:Verbena officinalis


★しなる鞭震わせながら熊葛
 夏の野に咲く強さを秘めて
d0126545_5125562.jpg

植物図鑑
花図鑑




[PR]
by ryudesuyo5 | 2011-06-26 05:14 | 夏の花

花輪菊(ハナワギク)

d0126545_13145999.jpg

花輪菊(ハナワギク)はキク科シュンギク属の一年草である。
原産地はモロッコである。
草丈は50~60センチくらいである。
葉は長い楕円形で羽状に裂け、互い違いに生える(互生)。
開花時期は4~7月である。
花の色には白、黄色、ピンク、赤などがある。
蛇の目模様になるものが一般的だが、そうでないものもある。
花径は5センチくらいである。
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
三色カミツレ(サンシキカミツレ)の別名がある。
属名の Glebionis はラテン語の「gleba(土)+ionis(特徴のある)」からきている。
種小名の carinata は「背骨のある、角張った稜のある」という意味である。
写真は6月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Glebionis carinata


★変幻に色鮮やかに花輪菊
 モロッコの地を彷彿とさせ
d0126545_13151632.jpg

今日の花ドットコム
花図鑑
[PR]
by ryudesuyo5 | 2011-06-01 13:16 | 夏の花

マーガレット

d0126545_14481898.jpg

マーガレットはキク科キク属の多年草である。
原産地はモロッコ沖のカナリア諸島である。
日本へは明治時代に渡来した。
和名は木春菊(モクシュンギク)である。
これは、枝や茎に木質化する性質があり、若葉が春菊に似ていることからきている。
主にフランスで改良されたことからパリ・デージーとも言われる。
なお、マーガレットの名はギリシャ語のマルガリーテ(真珠)に由来している。
草丈は50センチから150センチくらいである。
葉は羽状に切れ込み、互い違いに生える(互生)。
開花時期は12月から7月と長く、白い可憐な花を咲かせる。
中央の管状花は黄色である。
花径は5センチくらいである。
次々に花を咲かせて長く楽しめることから、広く親しまれて身近な花になった。
現在では、春菊(シュンギク)と交配して作りだされた黄色の花や桃色の花もある。
また、一重咲き、八重咲きと形状もさまざまである。
俳句の季語は夏である。
写真は3月に京都府立植物園で撮った。
学名:Argyranthemum frutescens(=Chrysanthemum frutescens)


★緑野に白を敷き詰め可憐なる
 マーガレットは花嫁の花
☆様々な花の形に変われども
 親しみの花マーガレット

d0126545_14483460.jpg

d0126545_14484712.jpg

今日の花ドットコム
花図鑑
[PR]
by ryudesuyo5 | 2010-06-13 14:49 | 夏の花

クリサンセマム・ムルチコーレ

d0126545_630426.jpg

クリサンセマム・ムルチコーレはキク科コレオステフス属の一年草である。
原産地はアルジェリアである。
日本へは昭和30年代に渡来した。
草丈は15センチから20センチくらいである。
よく枝分かれをしてマット状に広がる。
葉はへら形で軟らかく、多肉質である。
開花時期は3月から6月である。
黄色いくっきりした花を咲かせる。
周りにつく舌状花弁も真ん中の筒状花も黄色い。
なお、クリサンセマムというのはキク属の総称であるが、このムルチコーレやノースポールなどが特にクリサンセマムの名で呼ばれてきた。
ただし、ムルチコーレは現在では他の属(コレオステフス属)に分類が変わっている。
写真は2月にJAあゆみ野安行園芸センターで撮った。
学名:Coleostephus myconis (=Chrysanthmum multicaule)


★燦然と春を知らせて咲き競う
 ムルチコーレは乙女のごとく

d0126545_6302140.jpg

今日の花ドットコム
花図鑑
[PR]
by ryudesuyo5 | 2010-06-11 06:31 | 春の花