タグ:中央アメリカ ( 21 ) タグの人気記事

玉蜀黍(トウモロコシ)

d0126545_14392452.jpg

玉蜀黍(トウモロコシ)はイネ科トウモロコシ属の一年草である。
原産地はメキシコなどである。
稲・小麦とともに世界の三大穀物の1つとなっている。
日本へは16世紀にポルトガル人によって四国にもたらされた。
また、明治時代の初期にアメリカから北海道その他に導入された。
草丈は1~4メートルくらいである。
葉は大形で、幅の広い線形をしている。
開花時期は5~8月である。
雌雄同株である。
茎先に雄花穂をつけ、茎の中ほどの葉の脇に雌花穂をつける。
花の後にできる実はえい果(イネ科の果実で薄い木質の果皮が種子に密着している)である。
結実期は7~9月である。
ピュアホワイトという甘味白色種なども生まれている。
俳句の季語は秋である。
属名の Zea はイネ科植物の1種のギリシャ名で、トウモロコシ属に転用された。
種小名の mays はトウモロコシの南アメリカでの現地語からきている。
写真は7月に東京都薬用植物園で撮った。
学名:Zea mays


★伸びた穂を首を伸ばして眺めても
 まだ届かない玉蜀黍は

d0126545_14394182.jpg


植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo5 | 2013-08-02 14:41 | 夏の花

白鷺蚊帳吊(シラサギカヤツリ)

d0126545_1645052.jpg

白鷺蚊帳吊(シラサギカヤツリ)はカヤツリグサ科ミカヅキグサ属の多年草である。
原産地は北アメリカの南東部と西インド諸島である。
水生植物で地下茎がある。
草丈は30~60センチくらいである。
根際から生える葉は線形である。
開花時期は6~10月である。
茎先に白い花をつける。
花の白い部分は正確には葉状苞で、本当の花はその中央にある淡い黄褐色をした突起状のものである。
和名の由来は、白い苞が白鷺のように見えるところからきている。
属名の Rhynchospora はギリシャ語の「rhynchos(くちばし)+spora(種子)」からきている。 実の先にくちばし状の部分があることから名づけられた。
種小名の colorata は「彩色された」という意味である。
写真は10月に箱根湿生花園で撮った。
学名:Rhynchospora colorata


★群れ咲いた白鷺蚊帳吊風に揺れ
 風情いかがと涼しさ送り
d0126545_165107.jpg

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by ryudesuyo5 | 2012-08-25 16:07 | 夏の花

グアバ

d0126545_1229453.jpg

グアバ(guava)はフトモモ科バンジロウ属の常緑低木である。
原産地は中南アメリカである。
現在では熱帯・亜熱帯地域で広く果樹として栽培されている。
日本でも沖縄県などの暖地で栽培されている。
和名は蕃石榴(バンジロウ)という。
樹高は3~4メートルくらいである。
樹皮は薄く剥げやすい。
葉は楕円形で、向かい合って生える(対生)。
開花時期は、沖縄では4月ころである。
葉の脇に花径3センチくらいの白い花を1~3輪ずつつける。
花弁は5枚である。
たくさんの白い雄しべが球状に広がる。
実は球形や洋梨形など液果(果皮が肉質で液汁が多い実)で、長さは5~15センチくらいである。
果皮の色は黄色く、先に萼が残っている。
果肉の色はピンクないし黄色で、甘く酸味がある。
葉はグアバ茶として利用される。
属名の Psidium はギリシャ語の「psidion(ざくろ)」からきている。
種小名の guajava は「果実」という意味である。
写真は10月に神代植物公園で撮った。
学名:Psidium guajava


★そうなのかグアバの名前は蕃石榴
 謎が解ければ身近に思え
d0126545_12315399.jpg

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by ryudesuyo5 | 2012-01-08 12:39 | 果実

オンシジウム・ケイロホルム

d0126545_16155810.jpg

オンシジウム・ケイロホルムはラン科オンシジウム属の多年草である。
属名の詠み方は「オンキディウム」とするものもある。
メキシコからコロンビアにかけて分布し、標高1000メートルから2500メートルの地域に生える着生種である。
草丈は30センチくらいである。
葉は披針形(笹の葉のような形)である。
開花時期は秋から春である。
茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、黄色い小さな花をたくさんつける。
花径は15ミリくらいである。
属名の Oncidium は、ギリシャ語の「onkidion(小さな突起)」からきている。小さな突起のある唇弁の形を表したものである。
種小名の cheirophorum は「手のひら状の」という意味である。
写真は12月に熱川バナナワニ園で撮った。
学名:Oncidium cheirophorum


★小さくて蝶舞うような花つけて
 ケイロホルムは仄かな香り
d0126545_1683450.jpg

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by ryudesuyo5 | 2011-12-21 16:10 | 冬の花

ルエリア・マクランタ

d0126545_13582243.jpg

ルエリア・マクランタはキツネノマゴ科ルイラソウ属(ルエリア属)の常緑半低木である。
原産地はメキシコである。
樹高は50~150センチくらいである。
葉は細長い楕円形で、互い違いに生える(互生)。
開花時期は11~2月である。
花は漏斗状で先が5つに裂けて開く。
花の色は濃い桃色で、紅色の筋が入る。
花の色にはそのほか白や紫色のものもある。
花径は5~6センチである。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Ruellia はフランスの植物学者「リュエル(J. Ruelle)」の名からきている。
種小名の macrantha は「大きな花の」という意味である。
写真は11月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Ruellia macrantha


★どうかしら自慢の花は少しだけ
 傷んでいるがまだまだ元気
d0126545_13584689.jpg

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by ryudesuyo5 | 2011-12-11 14:04 | 冬の花

アセロラ

d0126545_12453179.jpg

アセロラ(Acerola)はキントラノオ科ヒイラギトラノオ属の常緑低木である。
アセロラという言葉は元々はスペイン語である。
トロピカル・フルーツの1種で、原産地は熱帯アメリカである。
英名をバルバドス・チェリー(Barbados cherry)という。
バルバドスは西インド諸島の島国である。
樹高は2~4メートルくらいである。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉には光沢がある。
開花時期は5~10月である。
葉の脇に散形花序(枝先に1個つずつ花がつく)を出し、淡い紅紫色の花を数個つける。
実は直径2~3センチの球形の液果(果皮が肉質で液汁が多い実)で、赤く熟し食用になる。
ただし、傷みやすいので生果を店頭で売ったりするのには適さない。
ビタミンCが豊富ということで注目を集めている。
日本でも沖縄や鹿児島では栽培が行われている。
属名の Malpighia はイタリアの植物学者「マルピーギ(M. Malpighi)さん」の名からきている。
種小名の glabra は「無毛の」という意味である。
写真は6月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
実の写真は12月に沖縄県本部町の熱帯ドリームセンターで撮った。
学名:Malpighia glabra


★アセロラの味はいったいどんなかな
 小粒なその実美味しいのかな
d0126545_12461955.jpg

d0126545_12465010.jpg

植物図鑑
花図鑑









[PR]
by ryudesuyo5 | 2011-11-06 12:49 | 作物

パパイヤ

d0126545_13482728.jpg

パパイヤ(papaya)はパパイヤ科パパイヤ属の常緑小高木である。
「パパイア」と表記することもある。
原産地はメキシコである。
日本へは明治時代の中期に渡来した。
樹高は7~10メートルくらいである。
幹は直立し、中は空洞である。
葉は大型の手のひら状で、幹の上部に互い違いに生える(互生)。
開花時期は周年である。
通常は雌雄異株である。
雄花は長い総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)になって垂れ下がる。
花の色は白く、花径は2センチくらいの5弁花である。
雌花は幹に直接つき、花径4センチくらいの白い5弁花である。
そのほかに両性株もあり、この場合は両性花がつく。
実は長さが10~20センチくらいで、黄色に熟する。
タンパク質分解酵素のパパインを含む。
沖縄では野菜としても利用している。
属名の Carica はイチジクのことである。葉が似ていることからきている。
種小名の papaya はカリブ語でパパイヤのことである。
写真は12月に沖縄県本部町の熱帯ドリームセンターで撮った。
学名:Carica papaya


★青くても役に立つんだパパイヤは
 千切りの味なかなかいいよ
d0126545_13484878.jpg

植物図鑑
花図鑑







[PR]
by ryudesuyo5 | 2011-11-04 13:52 | 作物

ウインターコスモス

d0126545_11474512.jpg

ウインターコスモス(winter cosmos)はキク科センダングサ属の多年草である。
流通名にコスモスの名はつくが、コスモスではなく栴檀草(センダングサ)の仲間である。
また、英名ではなく和製英語である。
和名は菊咲き栴檀草(キクザキセンダングサ)という。
実にある2本の棘を歯に見立てたものである。
原産地は北アメリカ南部からグアテマラにかけた一帯である。
日本へは園芸用に導入された。
なお、センダングサ属の数種類がウインターコスモスの名で流通している。
立ち性のものと矮性のものがある。
草丈は20~120センチくらいである。
葉は羽状に細かく裂け、互い違いに生える(互生)。
開花時期は9~12月である。
茎先に集散花序(最初の花が枝先につき、その下に次々と側枝を出して花がつく)を出し、黄色い花(頭花)をつける。
筒状花は黄色い。
舌状花の色は、白やクリーム色のほか、黄色地に白の覆輪が入るものなどがある。
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
属名の Bidens はラテン語の「bi(2)+dens(歯)」からきている。実にある2本の棘を歯に見立てたものである。
種小名の laevis は「無毛で、なめらかな艶を持つ」という意味である。
写真は11月に千葉市花の美術館で撮った。
学名:学名:Bidens laevis


★上品な黄の色似合う花姿
 ウインターコスモス寒さに負けず
d0126545_11481858.jpg

植物図鑑
花図鑑







[PR]
by ryudesuyo5 | 2011-10-22 11:50 | 秋の花

パイナップル

d0126545_815048.jpg

パイナップル(pineapple)はパイナップル科アナナス属の多年草である。
原産地は熱帯アメリカである。
現在では熱帯地域で広く栽培されている。
日本へ渡来したのは昭和時代の初期で、台湾から石垣島へ持ち込まれた。
草丈は30~100センチくらいである。
茎は短くて硬い。
根際から生える葉は剣状で硬く尖り、縁には鋭い棘がある。
花穂は円筒形で、螺旋状に花が密生する。
1つ1つの花には3枚の外花被と3枚の内花被がある。
花は肉質で白っぽく、先が淡い紫色を帯びる。
果実は集合果である。
実は多肉質で、黄橙色に熟する。
属名の Ananas はパイナップルのブラジルでの現地語からきている。
種小名の comosus は「長い束毛のある」という意味である。
写真は9月に大阪市の咲くやこの花館で撮った。
学名:Ananas comosus


★大きい実あると思えば小さい実
 パイナップルの姿さまざま
d0126545_8172691.jpg

植物図鑑
花図鑑







[PR]
by ryudesuyo5 | 2011-10-10 08:19 | 果実

アノダ・クリスタータ

d0126545_10444646.jpg

アノダ・クリスタータはアオイ科ヤノネアオイ属の多年草である。
原産地は北アメリカから南アメリカである。
日本へは昭和時代の初期に園芸植物として渡来した。
逸出したものが野生化して、畑や道ばたなどに生える。
和名は水色葵(ミズイロアオイ)という。
草丈は60~120センチくらいである。
茎は木質化し、粗い星状毛(放射状に伸びる毛)が生える。
葉は三角状のほこ形で、互い違いに生える(互生)。
葉の縁にはぎざぎざ(鋸歯)があり、両面に毛が生える。
開花時期は6~11月である。
葉の脇に淡い紅紫色や白の5弁花を1つずつつける。
花径は1センチくらいである。
花はつけ根のところで雄しべとくっつき、5本の雄しべも合着して筒状になる。
萼片も5枚である。
花は一日花である。
花の後にできる実は分果(複数の子房からできた果実)である。
属名の Anoda の由来はまだ調べられていない。
種小名の cristata は「鶏冠状の」を意味する。
写真は9月に京都府立植物園で撮った。
学名:Anoda cristata


★一日の命なれども次々と
 花を咲かせて霜下りるまで
d0126545_1045656.jpg

植物図鑑
花図鑑







[PR]
by ryudesuyo5 | 2011-10-09 10:47 | 秋の花