タグ:中国 ( 141 ) タグの人気記事

茗荷(ミョウガ)

d0126545_1725729.jpg

茗荷(ミョウガ)はショウガ科ショウガ属の多年草である。
原産地は中国である。
日本へは古い時代に渡来し、栽培されてきた。
史前帰化植物で、本州から九州にかけて逸出したものが野生化している。
草丈は40~100センチくらいである。
葉は長い楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉のつけ根の部分は茎を抱く。
開花時期は8月から9月である。
紫褐色の苞の間から淡い黄色の3弁花を開く。
花は一日花である。
雄しべは1本、雌しべも1本である。
花言葉は「忍耐」である。
開花前の蕾を花茗荷といい、秋の季語である。
若い茎を暗い場所で軟白させたものを茗荷竹といい、春の季語である。
属名の Zingiber はサンスクリット語の「sringavera(角形の)」からきている。根茎の形ら名づけられた。
種小名の mioga は日本語の「ミョウガ」のことである。
写真は8月につくば植物園で撮った。
2枚目は12月に自宅で撮った。
学名:Zingiber mioga


★いつならば茗荷の花に出合えるか
 足運ぶたびそっとチェック

d0126545_1731891.jpg


植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo5 | 2013-08-20 17:04 | 秋の花

犬雁足(イヌガンソク)

d0126545_1613471.jpg

犬雁足(イヌガンソク)はイワデンダ科コウヤワラビ属の多年草である。
北海道から九州にかけて分布し、低地や山地の林の中や道端などに生える夏緑性のシダ植物である。
海外では朝鮮半島、中国、ヒマラヤに分布する。
雁足(ガンソク)というのは草蘇鉄(クサソテツ)の別名である。
草蘇鉄(クサソテツ)は若芽を屈(コゴミ)といい、山菜として人気がある。
これと胞子葉の形が似ているが食用にはならないというのが和名の由来である。
草丈は50~100センチくらいである。
栄養葉は羽状複葉で深い緑色をしており、艶はない。
羽片は幅の狭い披針形(笹の葉のような形)である。
胞子葉は羽片が裏側に反り返り、丈夫で硬い。
胞子葉は秋に出て冬も残る。
属名の Onoclea は、ローマ時代の医師ディオコリデス(Dioscorides)が用いた植物名が転用された。
種小名の orientalis は「東方の」という意味である。
写真は8月に箱根湿生花園で撮った。
学名:Onoclea orientalis


★山地にしか生えないシダに出会ったよ
 晴れ間をぬって来た甲斐あった

d0126545_1615145.jpg


植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo5 | 2013-08-03 16:05 | 夏の花

小茄子(コナスビ)

d0126545_17393817.jpg

小茄子(コナスビ)はサクラソウ科オカトラノオ属の多年草である。
北海道から沖縄にかけて分布し、平地や山地の道ばたなどに生える。
海外では、台湾、中国南部、インドシナ半島、マレーシアなどにも分布する。
草丈は5センチから20センチくらいである。
茎は地を這って広がる。
葉は長さ1センチから2センチの卵円形で、向かい合って生える(対生)。
開花時期は5月から6月である。
葉の脇に花径5ミリから7ミリくらいの黄色い5弁花を1輪ずつつける。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
和名の由来は、萼のついた小さな果実の形が茄子(ナス)に似ることからきている。
属名の Lysimachia はマケドニア王「リュシマコス(Lysimachus)」の名からきている。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
写真は6月に旭山動物園で撮った。
学名:Lysimachia japonica


★小茄子の小さな花に笑み浮かぶ
 今度は果実写してみたい
d0126545_17395922.jpg

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo5 | 2013-06-04 17:41 | 夏の花

浜狗尾(ハマエノコロ)

d0126545_1325290.jpg

浜狗尾(ハマエノコロ)はイネ科エノコログサ属の一年草である。
北海道から沖縄にかけて分布し、海岸の砂地や岩の隙間などに生える。
海外では、朝鮮半島、台湾、中国南部などにも分布する。
狗尾草(エノコログサ)の海岸型の変種である。
草丈は5~20センチくらいである。
茎は短く、地面に伏せるように四方に枝分かれをする。
葉は長さ5~10センチくらいでやや厚く、縁は白く縁取られる。
開花時期は7~9月である。
穂の長さは1~4センチくらいで、狗尾草(エノコログサ)の半分くらいである。
また、直立し、垂れ下がらない。
花の後にできる実はえい果(イネ科の果実で薄い木質の果皮が種子に密着している)である。
属名の Setaria はラテン語の「seta(剛毛)」からきている。小穂のつけ根を剛毛が囲むことから名づけられた。
種小名の viridis は「緑色の」という意味である。
変種名の pachystachys は「太い穂状の」という意味である。
写真は8月につくば植物園で撮った。
学名:Setaria viridis var. pachystachys


★背を低く風に負けぬとへばりつき
 浜狗尾は照り輝いて
d0126545_1332034.jpg

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by ryudesuyo5 | 2012-08-30 13:05 | 夏の花

黄金花(コガネバナ)

d0126545_17521845.jpg

黄金花(コガネバナ)はシソ科タツナミソウ属の多年草である。
原産地は朝鮮半島、中国北部、モンゴル、シベリアなどである。
日本では享保年間に幕府の小石川御薬園で栽培されたという記録がある。
根を乾燥したものを生薬で黄岑(おうごん)といい、各種の漢方処方に配合される。
消炎、解熱、鎮痛などの薬効がある。
和名の由来は、根が鮮やかな黄色であるところからきている。
草丈は30~60センチくらいである。
葉は披針形で、向かい合って生える(対生)。
開花時期は7~10月である。
茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、紫色をした唇形の花をたくさんつける。
花は葉の脇から出て、一方向を向いてつく。
英名はバイカルスカルキャップ(Baikal skullcap)である。
スカルキャップというのは聖職者などがかぶる縁なし帽のことである。
花の後にできる実は分果(複数の子房からできた果実)である。
属名の Scutellaria はギリシャ語の「scutella(小皿)」に由来する。花のつけ根の萼に円い附属物があることから名づけられた。
種小名の baicalensis は「バイカル地方の」という意味である。
写真は9月に東京都薬用植物園で撮った。
学名:Scutellaria baicalensis


★その昔江戸の薬師の育てたる
 黄金花咲く薬草園に
d0126545_17523926.jpg

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by ryudesuyo5 | 2012-08-23 17:55 | 夏の花

地湧金蓮(チヨウキンレン)

d0126545_15343144.jpg

地湧金蓮(チヨウキンレン)はバショウ科ムセラ属の常緑多年草である。
ムセラ属はバショウ属から分離したもので、1属1種である。
中国の雲南省からインドシナ半島にかけて分布し、高山に生える。
名は「地から湧き出た金色の蓮」という意味になる。
漢字では「地涌金蓮」とも書く。
読み方は「チユウキンレン」とするものもあるが、正式名は「チヨウキンレン」である。
英名はチャイニーズイエローバナナ(Chinese yellow banana)である。
草丈は60~100センチくらいである。
葉は長い楕円形で、芭蕉(バショウ)やバナナに似ている。
花の構造も芭蕉(バショウ)やバナナと同じだが、鮮やかな黄色い苞(花序全体を包む葉の変形したもの)に特色がある。
開花時期はは6~10月くらいである。
茎先に花径30センチくらいの花(花序)をつけ、重なり合った黄色い苞の間に上向きに小さな花をつけていく。
花被片は6枚である。
5枚は合着して筒状になり、1枚は離れている。
花の後にできる実は偽果(子房以外の部分が加わってできている果実)である。
中には小さな種子が入っている。
属名の Musella は「Musa(バショウ属)+lla(小さい)」からきている。
種小名の lasiocarpa は「長い軟毛のある果実の」という意味である。
写真は9月に氷見市海浜植物園で撮った。
学名:Musella lasiocarpa


★照り映える花の姿は蓮のよう
 地湧金蓮豪放に咲き
d0126545_15345346.jpg

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by ryudesuyo5 | 2012-08-21 15:38 | 夏の花

鳩麦(ハトムギ)

d0126545_12392869.jpg

鳩麦(ハトムギ)はイネ科ジュズダマ属の一年草である。
基本種は数珠玉(ジュズダマ)で、その栽培用の変種にあたる。
数珠玉(ジュズダマ)に比べると、皮が薄くて脱皮がしやすい。
原産地は中国の南部からインドシナ半島にかけた一帯で、日本へは江戸時代に中国を経て渡来したといわれる。
草丈は100~150センチくらいである。
茎は緑色で、束生(根際から束のように集まって生える)して枝分かれをする。
葉は細長い披針形で、互い違いに生える(互生)。
先は尖り、つけ根は茎を抱く。
開花時期は8~9月である。
雌雄同株である。
茎の上部に穂状花序(柄のない花が花茎に均等につく)を互い違いにつける。
それらはさらに枝分かれして、雌雄を異にする小穂をつける。
花の後にできる実はえい果(イネ科の小穂から生じる果実で果皮と種子が密着している)である。
えい果はホウロウ質の苞にくるまれ、中に薄い果皮に包まれた種子がある。
日干しにして精米したものを生薬のよく苡仁(よくいにん)といい、健胃、解熱、利尿、解毒などの薬効がある。
砕いて炒ったものはハトムギ茶などに利用される。
また、さまざまな健康食品が開発されている。
属名の Coix はギリシャ語の「coix(シュロ)」からきている。
種小名の lacryma-jobi は「ヨブの涙(花序の印象をたとえた)」という意味である。
変種名の ma-yuen は「馬耘(中国名)」からきている。
写真は7月に東京都薬用植物園で撮った。
学名:Coix lacryma-jobi var. ma-yuen


★鳩麦はこんな姿で咲くのかと
 眺めて思う香ばしい味
d0126545_12395082.jpg

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by ryudesuyo5 | 2012-08-20 12:41 | 夏の花

夏水仙(ナツズイセン)

d0126545_1485141.jpg

夏水仙(ナツズイセン)はヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草である。
原産地は朝鮮半島、中国である。
日本へは観賞用として渡来し、ときに野生化している。
北海道から九州にかけて分布し、人里に近い原野、山地、道端などに生える。
草丈は30~70センチくらいである。
春に線形の葉を伸ばし、夏には枯れる。
開花時期は8~9月である。
花茎を伸ばして、ラッパ状の花を数輪つける。
花の色は淡いピンクで、6枚の花被片は反り返る。
結実はしない。
和名の由来は、葉と球根が水仙(スイセン)に似ていて、夏に花が咲くというところからきている。
有毒植物で、麻痺、痙攣、嘔吐などの中毒症状が出る。
属名の Lycoris はギリシャ神話の海の女神「リコリス(Lycoris)」の名からきている。花の美しさを称えて名づけられた。
種小名の squamigera は「鱗片のある」という意味である。
写真は9月に帯広市野草園で撮った。
学名:Lycoris squamigera


★葉を落としつける花びらラッパ形
 強い陽射しも気にせず咲いて
d0126545_1492026.jpg

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by ryudesuyo5 | 2012-08-17 14:12 | 夏の花

粟(アワ)

d0126545_14161883.jpg

粟(アワ)はイネ科エノコログサ属の一年草である。
中国で狗尾草(エノコログサ)から作り出されたと言われる穀物である。
日本でも、米の栽培が始まる以前から稗(ヒエ)とともに重要な食料であった。
生育期間が短いので、高い所や高緯度の地域でも栽培することができる。
草丈は1~2メートルくらいである。
葉は線状の披針形で、互い違いに生える(互生)。
開花時期は7~9月である。
茎先に緑色をした円柱状の花穂を垂らす。
花穂はたくさんの小穂からなり、小粒の小さな花を密生させる。
実は熟すと黄色になる。
「五穀豊穣」の五穀の1つである。
現在では、お菓子などの原料となる。
和名の由来は、淡い味がすることからきている。
俳句の季語は秋である。
属名の Setaria は「seta(剛毛)」に由来する。小穂のつけ根を囲む剛毛からきている。
種小名の italica は「イタリアの」という意味である。
写真は7月に東京都薬用植物園で撮った。
学名:Setaria italica


★地の恵みたわわにつけて粟の咲く
 大きな花穂に驚きの声
d0126545_14165975.jpg

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by ryudesuyo5 | 2012-08-12 14:21 | 夏の花

馬の鈴草(ウマノスズクサ)

d0126545_15403586.jpg

馬の鈴草(ウマノスズクサ)はウマノスズクサ科ウマノスズクサ属の蔓性多年草である。
本州の関東地方から沖縄にかけて分布し、川の土手や草地などに生える。
海外では、中国の南部にも分布する。
蔓状の茎は1~3メートルくらいまで伸びる。
葉は長いハート形をしており、互い違いに生える(互生)。
開花時期は6~8月である。
ラッパ状をした暗い紫色の花筒(萼)を横向きにつける。
花弁はなく、3枚の萼が合生して筒状になっている。
花のつけ根の部分は球形の子房になっている。
花の後にできる実は球形のさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
和名の由来は、葉の形が馬面に似ており、実が馬の首にかける鈴に似ていることからきている。
根を干したものは生薬で青木香(しょうもっこう)といい、解毒剤とされる。
実を干したものは生薬で馬兜鈴(ばとうれい)といい、鎮咳、去痰などの薬効がある。
属名の Aristolochia はギリシャ語の「aristos(最良)+lochia(出産)」からきている。曲がった花の形が胎内の胎児を連想させ、またつけ根の部分の膨らみが子宮を連想させるところから、出産を助ける力を持つと考えられた。
種小名の debilis は「弱小な」という意味である。
写真は7月に小石川植物園で撮った。
学名:Aristolochia debilis


★草むらを探してごらんこれは何
 馬の鈴草不思議な形
d0126545_1541130.jpg

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by ryudesuyo5 | 2012-06-08 15:47 | 夏の花