タグ:ロシア ( 10 ) タグの人気記事

深山半鐘蔓(ミヤマハンショウヅル)

d0126545_1485828.jpg

深山半鐘蔓(ミヤマハンショウヅル)はキンポウゲ科センニンソウ属の蔓性多年草である。
北方領土を含む北海道から本州の中部地方にかけて分布し、低山から高山にかけての林の縁や礫地に生える。
海外では、サハリン、カムチャツカ、シベリアなどにも分布する。
草丈は30~100センチくらいである。
茎は木質化をする。
葉は2回3出複葉で、向かい合って生える(対生)。
3出複葉というのは三つ葉のことである。
3本に枝分かれした先にそれぞれ三つ葉をつけて1枚の葉となる。
小葉の形は卵形で、縁には粗いぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉の質は薄い。
開花時期は6~8月くらいである。
葉の脇から柄を伸ばし、花径3センチくらいの濃い紫色の花を下向きに1輪ずつつける。
4枚の花弁のように見えるのは萼片で、縁には白い軟毛が生える。
萼片の内側に、萼片より短い花弁が10数枚ある。
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
和名の由来は、半鐘に似た蔓性の花で山地に咲くことからきている。
属名の Clematis はギリシャ語の「clema(若枝)」の縮小形である。長い柔らかい枝でよじ登ることから名づけられた。
種小名の alpina は「高山に生える」という意味である。
亜種名の ochotensis は「オホーツク地方の」という意味である。
写真は4月に神代植物公園の野草展(東京山草会)で撮った。
学名:Clematis alpina subsp. ochotensis


★幅広く垂れた釣鐘ずんぐりと
 無骨だけれど山に咲く花
d0126545_1491486.jpg

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo5 | 2013-06-12 14:12 | 夏の花

黄金花(コガネバナ)

d0126545_17521845.jpg

黄金花(コガネバナ)はシソ科タツナミソウ属の多年草である。
原産地は朝鮮半島、中国北部、モンゴル、シベリアなどである。
日本では享保年間に幕府の小石川御薬園で栽培されたという記録がある。
根を乾燥したものを生薬で黄岑(おうごん)といい、各種の漢方処方に配合される。
消炎、解熱、鎮痛などの薬効がある。
和名の由来は、根が鮮やかな黄色であるところからきている。
草丈は30~60センチくらいである。
葉は披針形で、向かい合って生える(対生)。
開花時期は7~10月である。
茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、紫色をした唇形の花をたくさんつける。
花は葉の脇から出て、一方向を向いてつく。
英名はバイカルスカルキャップ(Baikal skullcap)である。
スカルキャップというのは聖職者などがかぶる縁なし帽のことである。
花の後にできる実は分果(複数の子房からできた果実)である。
属名の Scutellaria はギリシャ語の「scutella(小皿)」に由来する。花のつけ根の萼に円い附属物があることから名づけられた。
種小名の baicalensis は「バイカル地方の」という意味である。
写真は9月に東京都薬用植物園で撮った。
学名:Scutellaria baicalensis


★その昔江戸の薬師の育てたる
 黄金花咲く薬草園に
d0126545_17523926.jpg

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by ryudesuyo5 | 2012-08-23 17:55 | 夏の花

ウスリー檜葉(ウスリーヒバ)

d0126545_15362546.jpg

ウスリー檜葉(ウスリーヒバ)はヒノキ科ウスリーヒバ属(ミクロビオタ属)の常緑針葉低木である。
原産地はシベリア東部である。
ウスリーヒバ属は1属1種である。
樹高は50センチくらいである。
匍匐性があり、平らに広がって直径は3メートルに及ぶ。
枝は斜上する。
ヒノキ状の鱗葉は薄くてやや長く、先が垂れて柔らかな感じがする。
色は明るい緑色で、冬には褐色を帯びる。
属名の Microbiota はギリシャ語の「micros(小さい)+Biota(コノテガシワ属)」からきている。
種小名の decussata は「十字の」という意味である。
写真は11月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Microbiota decussata


★北の地の寒さに堪えて生き抜いた
 ウスリー檜葉は陣地広げて
d0126545_15364949.jpg

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by ryudesuyo5 | 2012-01-04 15:38 | 観葉植物

大虎杖(オオイタドリ)

d0126545_14415970.jpg

大虎杖(オオイタドリ)はタデ科イタドリ属の多年草である。
北方領土を含む北海道から本州の中部地方にかけて分布し、山地帯や亜高山帯の日当たりのよい砂礫地に生える。
海外では、サハリンなどにも分布する。
草丈は1~3メートルくらいである。
茎はしばしば赤みを帯び、上部は毛が密生する。
葉も大きく、長さは20~30くらいある細長い卵形で、互い違いに生える(互生)。
葉のつけ根は少し丸い心形で、先は少し尖る。
裏面は粉をふいたように白っぽい。
近縁種の虎杖(イタドリ)のほうは薄い黄緑色で、白くはない。
開花時期は7~9月である。
雌雄異株である。
茎先や上部の葉の脇から円錐花序(下のほうになるほど枝分かれする回数が多く、全体をみると円錐形になる)を出し、たくさんの花をつける。
雄花は上向きにつき、雌花は垂れ下がる。
花被片は白く、5つに裂ける。
雄花の雄しべは8本である。
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
雌花の花被片3枚は、花の後に翼状に張り出して実を包む。
和名の由来は、疼(いた)みを取り去る効果があるので「疼取」と名づけられたとされる。
若い茎は食用になる。
俳句では、「虎杖」が春の季語、「虎杖の花」が夏の季語である。
属名の Reynoutria はフランスの自然科学者「レノートル(B. von Reynoutre)さん」の名からきている。
種小名の sachalinensis は「サハリンの」という意味である。
写真は8月に岩手県八幡平市の藤七温泉で撮った。
学名:Reynoutria sachalinensis


★背丈より高い葉っぱのその上に
 大虎杖は花を咲かせて
d0126545_14422621.jpg

植物図鑑
花図鑑






[PR]
by ryudesuyo5 | 2011-09-04 14:44 | 夏の花

野葡萄(ノブドウ)

d0126545_11103877.jpg

野葡萄(ノブドウ)はブドウ科ノブドウ属の蔓性落葉木本である。
北方領土を含む北海道から沖縄にかけて分布し、山地や丘陵、野原などに生える。
海外では、朝鮮半島、台湾、中国、サハリンなどにも分布する。
蔓は長さが3~5メートルくらいになる。
茎のつけ根は太く木質化する。
若い茎には粗い毛がたくさん生えている。
葉は互い違いに生える(互生)。
形はほぼ円形で、普通は3つから5つに裂ける。
縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉の根元はハート形である。
開花時期は6~8月である。
葉の反対側に集散花序(枝先に花がつき、その下から枝が出て花をつけることを繰り返すもの)を出し、淡い黄緑色の小さな花をたくさんつける。
花びらは5枚で、雄しべ5本と雌しべ1本がある。
花の後にできる実は球形の液果(果皮が肉質で液汁が多い実)で、淡い緑色から紫色、空色などに変化する。
実は食べられない。
花の時期に虫が卵を産むので、実が成るにつれて虫が成長し、実が不揃いになったり、斑点ができたり、虫こぶをつくったりする。
茎や葉をすりつぶしたものは生薬の蛇葡萄(じゃほとう)といい、湿布薬となる。
根を乾燥したものは生薬の蛇葡萄根(じゃほとうこん)といい、関節痛などに効く。
属名の Ampelopsis はギリシャ語の「amperos(ブドウ)+opsis(外観)」からきている。ブドウに外観が似たという意味で名づけられた。
種小名の brevipedunculata は「短い花柄のある」という意味である。
変種名の heterophylla は「いろいろの形の葉の」という意味である。
写真は8月に埼玉県三郷市で撮った。
学名:Ampelopsis brevipedunculata var. heterophylla


★ごろごろと不揃いな実をつけるけど
 コバルトブルーがトレードマーク
d0126545_11105427.jpg

植物図鑑
花図鑑







[PR]
by ryudesuyo5 | 2011-08-18 11:12 | 夏の花

猩々袴(ショウジョウバカマ)

d0126545_78434.jpg

猩々袴(ショウジョウバカマ)はユリ科ショウジョウバカマ属の多年草である。
北海道から九州にかけて分布し、山地から高山のやや湿った場所に生える。
海外では、サハリンや朝鮮半島にも分布する。
草丈は10~30センチくらいである。
根際から生える葉はへら形で艶があり、ロゼット状に地面に広がる。
低地での開花時期は3~8月である。
花茎を出し、その先に3~10輪の花をつける。
花の色は、淡い紅色から濃い紫色まで変化が多い。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
「猩々」というのは中国の伝説上の動物で、能楽に取り入れられている。
紅色の花を能装束の赤い頭の毛に見立て、葉を袴と見立てたのが名の由来である。
属名の Heloniopsis はギリシャ語の「Helonias(ショウジヨウバカマ属)+opsis(似た)」からきている。ただし、どちらもショウジョウバカマ属とされている。
種小名の orientalis は「東方の」という意味である。
写真は7月に中央アルプスの千畳敷カールで撮った。
学名:Heloniopsis orientalis


★名の由来知れば知るほど面白く
 じっと眺める猩々袴
d0126545_782424.jpg

植物図鑑
花図鑑







[PR]
by ryudesuyo5 | 2011-08-15 07:10 | 夏の花

駒草(コマクサ)

d0126545_911148.jpg

駒草(コマクサ)はケシ科コマクサ属の多年草である。
分類体系によってはケマンソウ科とされる。
北方領土を含む北海道から本州の中部地方にかけて分布する。
海外では、サハリン、カムチャツカなどにも分布する。
自生しているのは、他の草の生えない高山の砂礫地で、高山植物の女王と呼ばれる。
環境省のレッドリスト(2007)では、「絶滅の危険が増大している種」である絶滅危惧II類(VU)に登録されている。
草丈は5~15センチくらいである。
根の際から出る葉には長い柄があり、人参(ニンジン)の葉のように細かく羽状に裂ける。
また、粉をふいたように白っぽい。
開花時期は5~8月である。
茎の先に淡い紅色の花を数輪つける。
花びらは4枚で、先端の2枚が反り返り、真ん中の2枚が剣の先のように突き出す。
この花の形が馬の顔に似ているということで駒草(コマクサ)と名づけられた。
雄しべは6本である。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
全草が有毒である。
俳句の季語は夏である。
属名の Dicentra はギリシャ語の「dis(二)+centron(距)」からきている。2枚の花弁に距が突き出していることから名づけられた。
種小名の peregrina は「外来の」という意味である。
写真は8月に志賀高原の東館山高山植物園で撮った。
学名:Dicentra peregrina


★ふらふらとピンクの花を揺さぶって
 咲く駒草に疲れ忘れて
d0126545_913778.jpg

植物図鑑
花図鑑






[PR]
by ryudesuyo5 | 2011-07-27 09:04 | 夏の花

達磨菊(ダルマギク)

d0126545_1781451.jpg

達磨菊(ダルマギク)はキク科シオン属の多年草である。
本州の西部から九州にかけて分布し、日本海側の海岸の岩場に生える。
海外では、朝鮮半島やウラジオストクにも分布する。
草丈は20センチから40センチくらいである。
茎は木質化し、上部でよく枝分かれをする。
葉はへら状で、重なり合うように互い違いに生える(互生)。
葉はビロード状の白い毛で覆われている。
開花時期は9月から12月である。
長い花柄の先に、淡い青紫色をした花(頭花)を上向きにつける。
舌状花に囲まれた真ん中の筒状花は黄色である。
総苞片(花序全体を包む葉の変形したもの)は細かく尖り、3列である。
名の由来は、ずんぐりした花姿から玩具の達磨を連想したものであろう。
写真は10月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Aster spathulifolius


★くるりんと葉っぱを巻いて達磨菊
 どこか愉快な姿に見えて
d0126545_1783480.jpg

今日の花ドットコム
花図鑑
[PR]
by ryudesuyo5 | 2010-10-24 17:22 | 秋の花

釣鐘人参(ツリガネニンジン)

d0126545_534361.jpg

釣鐘人参(ツリガネニンジン)はキキョウ科ツリガネニンジン属の多年草である。
北方領土を含む北海道から九州にかけて分布し、山野や土手に生える。
海外では、サハリンや中国などにも分布する。
葉の形や付き方に変異が多いという。
和名の由来は、花が釣鐘状で、根が朝鮮人参(チョウセンニンジン)に似ているところからきている。
草丈は60センチから90センチくらいである。
葉の形は長い楕円形で、普通は3、4枚が輪になって生える(輪生)。
稀に互い違いに生える(互生)ものや向かい合って生える(対生)ものもある。
葉の先は尖り、縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は8月から10月である。
茎の上部で4段から6段に分かれて、青紫色の鐘状の花を下向きに輪生する。
花冠の先は浅く5つに裂け、花柱(雌しべ)は花から長く突き出る。
近縁種の岨菜(ソバナ)と似ているが、花の付き方で区別ができる。
春の若芽は山菜として親しまれている。
太い根茎は生薬で沙参(しゃじん)といい、鎮咳、去痰などの薬効がある。
写真は8月に奥日光の小田代原で撮った。
学名:Adenophora tripylla var. japonica


★ぶら下がる紫の鐘風に揺れ
 涼を満喫夏の湿原

d0126545_5342031.jpg

今日の花ドットコム
花図鑑
[PR]
by ryudesuyo5 | 2010-08-03 05:35 | 秋の花

富貴草(フッキソウ)

d0126545_5211420.jpg

富貴草(フッキソウ)はツゲ科フッキソウ属の常緑小低木である。
北海道から九州にかけて分布し、山中の樹下に生える。
海外では、中国やサハリンにも分布している。
一年中葉が茂っているのを繁栄のシンボルととり、おめでたい名前がつけられた。
樹高は20センチから30センチくらいである。
茎の下部は地を這う。
葉は楕円形で、輪生状に互い違いに生える(互生)。
葉の質は厚く、艶がある。
開花時期は3月から6月くらいである。
花穂を直立し、花弁のない花をつける。
雄花は茎の上に密につき、下に雌花が5個から7個つく。
両方とも花弁がなく、4枚の萼弁がある。
写真は5月に上高地で撮った。
学名:Pachysandra terminalis


★名の割に目だった花でないけれど
 緑は綺麗目を休めてね

d0126545_5213725.jpg

今日の花ドットコム
花図鑑
[PR]
by ryudesuyo5 | 2010-05-24 05:22 | 春の花