タグ:ヨーロッパ ( 50 ) タグの人気記事

姫酸葉(ヒメスイバ)

d0126545_15403147.jpg

姫酸葉(ヒメスイバ)はタデ科ギシギシ属の多年草である。
原産地はヨーロッパである。
北半球の温帯地域に広く分布し、日本にも帰化している。
北海道から沖縄にかけて分布し、道ばたや荒れ地、田畑などに生える。
北海道のブルーリストではA3ランク(北海道に定着しており、生態系等への影響が報告または懸念されている外来種)に指定されている。
草丈は20センチから50センチくらいである。
根際から生える葉は矢尻形で先が丸く、幅が狭くて小形である。
葉はシュウ酸を含み、酸味がある。
雌雄異株である。
開花時期は5月から7月である。
花茎の先に数100個の小さな暗い紅色の花をつける。
種子のほか地下茎によっても増え、繁殖力が強い。
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
属名の Rumex はラテン語の「rumex(槍の1種)」からきている。スイバの葉の形をたとえたものである。
種小名の acetosella は「スイバに似て小形の」という意味である。
写真は6月に北大植物園で撮った。
学名:Rumex acetosella


★いかにもの面構えした姫酸葉
 油断をすれば雑草天国
d0126545_15405038.jpg

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo5 | 2013-06-30 15:46 | 夏の花

野原風露(ノハラフウロ)

d0126545_17312611.jpg

野原風露(ノハラフウロ)はフウロソウ科フウロソウ属の多年草である。
ヨーロッパの中部からヒマラヤ山脈の西部にかけて分布する。
学名のゲラニウム・プラテンセで表示するものもある。
草丈は50~120センチくらいである。
葉は手のひら状に深く切れ込み、互い違いに生える(互生)。
開花時期は5~7月くらいである。
茎先に花径4センチくらいの青紫色をした盃状の花をつける。
花弁数は5枚である。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Geranium はギリシャ語の「geranos(鶴)」に由来する。長いくちばしのような果実を鶴のくちばしにたとえたものである。
種小名の pratense は「草原に生える」という意味である。
写真は6月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Geranium pratense


★いろいろな種類があるね風露草
 はるばるようこそヨーロッパから
d0126545_17314339.jpg

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo5 | 2013-06-07 17:35 | 夏の花

桃色鈴蘭(モモイロスズラン)

d0126545_151166.jpg

ドイツ鈴蘭(ドイツスズラン)はユリ科スズラン属の多年草である。
分類体系によってはスズラン科とされる。
原産地はヨーロッパである。
日本に自生する在来種の鈴蘭(スズラン)と比べて耐暑性がある。
また、大型で香りも強く、花が葉の陰に隠れないなどの利点がある。
そのため、市場に流通するものはほとんどが本種であるという。
桃色鈴蘭(モモイロスズラン)はその園芸品種である。
特徴は、花の色が桃色を帯びることである。
草丈は20センチから30センチくらいである。
葉は卵状の楕円形で、2、3枚が根際から出てつけ根の部分は茎を包む。
開花時期は5月から6月である。
茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、10数個の鐘形の花をつける。
花の長さは10ミリくらい、花径は10ミリから15ミリくらいである。
花被片はつけ根の部分で合着する。
雄しべは6本、雌しべは1本ある。
花の後には球形の実(液果)ができ、秋には赤く熟する。
属名の Convallaria はラテン語の「convallis(谷)+leirion(ユリ)」からきている。
種小名の majalis は「5月に咲く」という意味である。
品種名の Rosea は「バラ色の」という意味である。
写真は4月に神代植物公園の野草展(東京山草会)で撮った。
学名:Convallaria majalis 'Rosea'


★真っ白な花のイメージ焼きついて
 どこか馴染めぬ桃色鈴蘭
d0126545_15112247.jpg

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo5 | 2013-05-16 15:14 | 夏の花

深山蛍葛(ミヤマホタルカズラ)

d0126545_1348463.jpg

深山蛍葛(ミヤマホタルカズラ)はムラサキ科グランドラ属の常緑小低木である。
園芸上は多年草として扱う。
分類上は、リトドラ属(Lithodora)やムラサキ属(Lithospermum)とされる場合もある。
原産地は南ヨーロッパである。
ポルトガルやスペインの海岸近くなどに生える。
樹高は15~25センチくらいである。
全体に軟毛が生え、匍匐して広がる。
葉は細長い披針形(笹の葉のような形)で、互い違いに生える(互生)。
葉に質は革質で濃い緑色をしている。
葉の先は鈍頭で、縁にぎざぎざ(鋸歯)はない。
開花時期は4~6月くらいである。
花の色は鮮やかな青紫色である。
花径は2センチくらいで、花冠は5つに裂ける。
花の後にできる実は分果(複数の子房からできた果実)で、4つのブロックからなる。
属名の Glandora の由来はまだ解明できていない。
種小名の diffusa は「広がった」という意味である。
写真は4月に富山県中央植物園で撮った。
学名:Glandora diffusa


★鮮やかな色が爽やか星形の
 花が可愛い深山蛍葛
d0126545_13485952.jpg

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル





花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo5 | 2013-05-12 13:52 | 春の花

リクニス・ジェニー

d0126545_17232386.jpg

リクニス・フロスククリ(Lychnis flos-cuculi)はナデシコ科センノウ属の多年草である。
原産地はヨーロッパである。
和名を郭公仙翁(カッコウセンノウ)という。
5~6月に花びらが細かく裂けた淡いピンクの花を咲かせる。
ジェニー(Jenny)はその八重咲きの園芸品種で、イギリスのブルームス社ライナー・クレツ(Rainer Kretz)さんによって作出された。
ジェニーは作者の夫人の名だという。
草丈は60~70センチくらいである。
葉は披針形で、向かい合って生える(対生)。
開花時期は5~8月である。
花径3~4センチの八重咲きのピンクの花を、茎先に数輪ずつつける。
茎を切りもどすと10~11月にも開花をする。
属名の Lychnis はギリシャ語の「lychnos(ランプ)」からきている。アリストテレスの弟子のテオフラストスが用いた。
種小名の flos-cuculi は「カッコウの鳴くころ咲く花」という意味である。
品種名の Jenny は女性名である。
写真は9月に富山県中央植物園で撮った。
学名:Lychnis flos-cuculi 'Jenny'


★奥様の名前をつけた花という
 ピンクの八重は霞のように
d0126545_17233819.jpg

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by ryudesuyo5 | 2012-08-18 17:25 | 夏の花

サボン草(サボンソウ)

d0126545_1332591.jpg

サボン草(サボンソウ)はナデシコ科サボンソウ属の多年草である。
シャボン草(シャボンソウ)とも呼ばれる。
原産地はヨーロッパで、雑草として広く分布している。
全体にサポニンが多く、古くから洗剤として利用されてきた。
英名はソープワート(soapwort)である。
ワートは雑草のことである。
日本には明治のはじめに渡来した。
観賞用として栽培されたが、現在では北海道、本州、四国で野生化している。
草丈は40~60センチくらいである。
葉は披針形(笹の葉のような形)で、向かい合って生える(対生)。
開花時期は6~9月である。
茎先に集散花序(最初の花が枝先につき、その下に次々と側枝を出して花がつく)を出し、淡い紅色ないし白い五弁花をつける。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
乾燥した根は薬用ともされ、去痰や慢性皮膚疾患に用いられる。
属名の Saponaria はラテン語の「sapo(石鹸)」からきている。粘液質の汁が水に溶けると泡が出ることから名づけられた。
種小名の officinalis は「薬用の」という意味である。
写真は7月に東京都薬用植物園で撮った。
学名:Saponaria officinalis


★可憐なる花びらつけてサボン草
 どんどん咲くよお転婆娘
d0126545_13332647.jpg

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by ryudesuyo5 | 2012-08-16 13:35 | 夏の花

ジャーマンアイリス

d0126545_12593251.jpg

ジャーマンアイリス(German iris)はアヤメ科アヤメ属の多年草である。
別名をドイツ文目(ドイツアヤメ)ともいう。
原産地は地中海沿岸地方である。
ドイツやフランスで改良され、華やかな園芸品種が数多く生み出されている。
花の色は豊富で、白、黄色、オレンジ、ピンク、赤、青、紫、黒、茶色などがある。
草丈は40~100センチくらいである。
葉は文目(アヤメ)に比べると厚手で幅広である。
開花時期は5~6月である。
花被片は6枚である。
内花被片が大きく、外花被片にひげ状の突起があるのが特徴である。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
俳句では、「アイリス」や「独逸あやめ」が夏の季語である。
属名の Iris はギリシャ語で虹を意味する。
種小名の germanica は「ドイツの」という意味である。
写真は5月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
品種名はラテン・レディである。
学名:Iris x germanica


★華やかにフリルをつけた花びらを
 守るがごとく葉は角立てて
d0126545_12594633.jpg

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by ryudesuyo5 | 2012-05-22 13:02 | 夏の花

黒花風露(クロバナフウロ)

d0126545_1551773.jpg

黒花風露(クロバナフウロ)はフウロソウ科フウロソウ属の多年草である。
原産地はヨーロッパである。
ピレネー山脈などに分布する。
草丈は50~80センチくらいである。
葉は手のひら状に5つから7つに裂け、互い違いに生える(互生)。
開花時期は5~8月である。
花茎を伸ばして集散花序(最初の花を茎先につけ、その下から次々に側枝を出してその先に花をつける)を出し、濃い紫色の花を咲かせる。
花径は15ミリくらいである。
花弁は5枚である。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Geranium はギリシャ語の「geranos(鶴)」に由来する。長いくちばしのような果実を鶴のくちばしにたとえたものである。
種小名の phaeum は「暗い色の」という意味である。
写真は5月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園の野草展(湘南一草会)で撮った。
学名:Geranium phaeum


★貴婦人の色はかくやと思わせる
 黒花風露シックな姿
d0126545_15512369.jpg

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by ryudesuyo5 | 2012-05-21 15:53 | 夏の花

ストロングゴールド

d0126545_8304118.jpg

チューリップはユリ科チューリップ属の多年草である。
原産地は地中海沿岸地方から中央アジアにかけた一帯である。
17世紀のオランダで熱狂的なブームを巻き起こした。
今日では園芸品種の数は4000種を超えるという。
ストロングゴールド(Strong Gold)もその中の1つである。
中生咲き(4月下旬~5月上旬)のトライアンフ系 (Triumph) に含まれる。
トライアンフ系 (Triumph) は早咲き一重系(Single early)と遅咲き一重系(Single late)の交配種である。
草丈は中茎(40~50センチ)である。
根際から生える葉は帯状である。
花の色は鮮やかな黄色である。
また、花が大きい。
写真は3月に京都府立植物園で撮った。
学名:Tulipa 'Strong Gold'


★名の通り豪華に咲いたチューリップ
 見れば心も豊かになるよ
d0126545_83106.jpg

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by ryudesuyo5 | 2012-04-01 08:33 | 春の花

ガブリエラ

d0126545_9152453.jpg

チューリップはユリ科チューリップ属の多年草である。
原産地は地中海沿岸地方から中央アジアにかけた一帯である。
17世紀のオランダで熱狂的なブームを巻き起こした。
今日では園芸品種の数は4000種を超えるという。
ガブリエラ(Gabriella)もその中の1つである。
中生咲き(4月中旬~5月上旬)のトライアンフ系(Triumph)に含まれる。
トライアンフ系(Triumph)は早咲き一重系(Single early)と遅咲き一重系(Single late)の交配種である。
草丈は中茎(40~55センチ)である。
根際から生える葉は帯状である。
花の色は紫がかったピンクで、縁にはかすかに白い覆輪が入る。
写真は3月に京都府立植物園で撮った。
学名:Tulipa 'Gabriella'


★小さくて白いぼかしがまた素敵
 お菓子の国に迷い込んだか
d0126545_915524.jpg

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by ryudesuyo5 | 2012-03-30 09:20 | 春の花