姫沙羅(ヒメシャラ)

d0126545_1663698.jpg

姫沙羅(ヒメシャラ)はツバキ科ナツツバキ属の落葉高木である。
日本固有種である。
本州の神奈川県から九州にかけて分布し、山地に生える。
また、庭木とされる。
夏椿(ナツツバキ)は別名を沙羅の木(シャラノキ)という。
それよりも花も葉も小さいというのが和名の由来である。
樹高は5メートルから10メートルくらいである。
樹皮は滑らかで淡い赤褐色をしており、成長すると鱗片となってはがれ落ちる。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の縁には低いぎざぎざ(鋸歯)があり、葉の両面に毛が疎らに生える。
開花時期は6月から8月である。
葉の脇に花径2センチくらいの小さな白い花をつける。
花弁と萼片は5枚ずつある。
花の後にできる実は硬いさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)で、10月から11月ころに熟して5つに裂ける。
材は器具材、彫刻材などに利用される。
属名の Stewartia はイギリス人の政治家で植物愛好家であった「ジョン・スチュワート(John Stuart, 1713-1792)さん」の名からきている。
種小名の monadelpha は「単体の雄しべの」という意味である。
藪椿(ヤブツバキ)と同様に花弁と雄しべはつけ根の部分で合着している。
写真は6月に埼玉県花と緑の振興センターで撮った。
学名:Stewartia monadelpha


★群れ成して箱根に生える姫沙羅の
 花を見る日を楽しみに待つ
d0126545_1665350.jpg

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
# by ryudesuyo5 | 2013-06-10 16:09 | 夏の花

梯梧(デイゴ)

d0126545_16131812.jpg

梯梧(デイゴ)はマメ科デイゴ属の落葉高木である。
沖縄と小笠原諸島に分布する。
沖縄が分布の北限である。
また、小笠原のものは固有種(Erythrina boninensis)と考えられてきたが、最近では同種と見なされている。
沖縄県では県花とされている。
なお、鹿児島県の県花とされているのは近縁種のアメリカ梯梧(アメリカデイゴ)である。
海外では、台湾、中国、フィリピン、タイ、カンボジア、インド、南太平洋などにも分布する。
樹高は10メートルから15メートルくらいである。
幹や枝には太く鋭い棘が生えてい
葉は3出複葉(1枚の葉が3つの小さな葉に分かれた形)で、互い違いに生え(互生)。
小葉の形は卵形である。
開花時期は4月から5月である。
枝先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、鮮紅色の蝶形の花をつける。
花の後にできる実は豆果(莢の中に種子が入るもの)である。
属名の Erythrina はギリシャ語の「erythros(赤)」からきている。花の色からつけられた名である。
種小名の variegata は「斑入りの」という意味である。
写真は6月に木場公園で撮った。
学名:Erythrina variegata


★咲き方が梯梧と違って見えるけど
 名札を信じて載せてみようか
d0126545_16133752.jpg

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル





花・ガーデニング
[PR]
# by ryudesuyo5 | 2013-06-09 16:15 | 夏の花

野原風露(ノハラフウロ)

d0126545_17312611.jpg

野原風露(ノハラフウロ)はフウロソウ科フウロソウ属の多年草である。
ヨーロッパの中部からヒマラヤ山脈の西部にかけて分布する。
学名のゲラニウム・プラテンセで表示するものもある。
草丈は50~120センチくらいである。
葉は手のひら状に深く切れ込み、互い違いに生える(互生)。
開花時期は5~7月くらいである。
茎先に花径4センチくらいの青紫色をした盃状の花をつける。
花弁数は5枚である。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Geranium はギリシャ語の「geranos(鶴)」に由来する。長いくちばしのような果実を鶴のくちばしにたとえたものである。
種小名の pratense は「草原に生える」という意味である。
写真は6月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Geranium pratense


★いろいろな種類があるね風露草
 はるばるようこそヨーロッパから
d0126545_17314339.jpg

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
# by ryudesuyo5 | 2013-06-07 17:35 | 夏の花

小茄子(コナスビ)

d0126545_17393817.jpg

小茄子(コナスビ)はサクラソウ科オカトラノオ属の多年草である。
北海道から沖縄にかけて分布し、平地や山地の道ばたなどに生える。
海外では、台湾、中国南部、インドシナ半島、マレーシアなどにも分布する。
草丈は5センチから20センチくらいである。
茎は地を這って広がる。
葉は長さ1センチから2センチの卵円形で、向かい合って生える(対生)。
開花時期は5月から6月である。
葉の脇に花径5ミリから7ミリくらいの黄色い5弁花を1輪ずつつける。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
和名の由来は、萼のついた小さな果実の形が茄子(ナス)に似ることからきている。
属名の Lysimachia はマケドニア王「リュシマコス(Lysimachus)」の名からきている。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
写真は6月に旭山動物園で撮った。
学名:Lysimachia japonica


★小茄子の小さな花に笑み浮かぶ
 今度は果実写してみたい
d0126545_17395922.jpg

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
# by ryudesuyo5 | 2013-06-04 17:41 | 夏の花

三葉岩傘(ミツバイワガサ)

d0126545_1611319.jpg

三葉岩傘(ミツバイワガサ)はバラ科シモツケ属の落葉低木である。
本州の近畿地方から九州にかけて分布し、山地や海岸の岩場に生える。
海外では、朝鮮半島中国にも分布する。
分類上は岩傘(イワガサ)の変種とされている。
基本種との違いは葉が浅く裂けていることである。
樹高は100~150センチくらいである。
葉は卵形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖らず、縁には不揃いのぎざぎざ(鋸歯)があり、3つから5つに裂ける。
開花時期は4~5月である。
枝先に散房花序(柄のある花がたくさんつき、下部の花ほど柄が長いので花序の上部がほぼ平らになる)を出し、花径6~8ミリくらいの白い小さな花をたくさんつける。
花の後にできる実は袋果(熟すと果皮が自然に裂けて種子を放出する)である。
和名の由来は、岩場に生え花の形が傘のようだというところからきている。
園芸上は三つ手岩傘(ミツデイワガサ)の名も用いられている。
属名の Spiraea はギリシャ語の「speira(螺旋)」に由来する。果実が螺旋状になるものがあることから名づけられた。
種小名の blumei はオランダの植物分類学者「ブルーム(Karl Ludwig Blume, 1796-1862)さんの」という意味である。
変種名の obtusa は「円味を帯びた」という意味である。
写真は5月に日比谷公園の野草展(むさしの山草会)で撮った。
学名:Spiraea blumei var. obtusa


★名の由来調べてみれば面白い
 三つ手岩傘鎮座まします
d0126545_1612643.jpg

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル





花・ガーデニング
[PR]
# by ryudesuyo5 | 2013-05-21 16:03 | 春の花