<   2013年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

三葉岩傘(ミツバイワガサ)

d0126545_1611319.jpg

三葉岩傘(ミツバイワガサ)はバラ科シモツケ属の落葉低木である。
本州の近畿地方から九州にかけて分布し、山地や海岸の岩場に生える。
海外では、朝鮮半島中国にも分布する。
分類上は岩傘(イワガサ)の変種とされている。
基本種との違いは葉が浅く裂けていることである。
樹高は100~150センチくらいである。
葉は卵形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖らず、縁には不揃いのぎざぎざ(鋸歯)があり、3つから5つに裂ける。
開花時期は4~5月である。
枝先に散房花序(柄のある花がたくさんつき、下部の花ほど柄が長いので花序の上部がほぼ平らになる)を出し、花径6~8ミリくらいの白い小さな花をたくさんつける。
花の後にできる実は袋果(熟すと果皮が自然に裂けて種子を放出する)である。
和名の由来は、岩場に生え花の形が傘のようだというところからきている。
園芸上は三つ手岩傘(ミツデイワガサ)の名も用いられている。
属名の Spiraea はギリシャ語の「speira(螺旋)」に由来する。果実が螺旋状になるものがあることから名づけられた。
種小名の blumei はオランダの植物分類学者「ブルーム(Karl Ludwig Blume, 1796-1862)さんの」という意味である。
変種名の obtusa は「円味を帯びた」という意味である。
写真は5月に日比谷公園の野草展(むさしの山草会)で撮った。
学名:Spiraea blumei var. obtusa


★名の由来調べてみれば面白い
 三つ手岩傘鎮座まします
d0126545_1612643.jpg

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル





花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo5 | 2013-05-21 16:03 | 春の花

フロックス・ストロニフェラ

d0126545_16543234.jpg

フロックス・ストロニフェラはハナシノブ科クサキョウチクトウ属(フロックス属)の多年草である。
属名の読み方は「フロクス」とするものもある。
よく知られた近縁種に芝桜(シバザクラ:Phlox subulata)がある。
原産地は北アメリカである。
カナダとアメリカ合衆国の東部に分布し、林の中に生える。
草丈は15~25センチくらいである。
匍匐茎を横に伸ばして広がる。
這う茎から生える葉は幅の広い卵形である。
開花時期は5~6月である。
地際から10センチくらいの花茎を伸ばし、花径2センチくらいの花を5~6輪ずつ集まってつける。
花の色は青紫色のほか白やピンクのものもある。
花冠は筒状で先は5つに深く裂けて横に開く。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
流通名を蔓花忍(ツルハナシノブ)という。
英名はクリーピングフロックス(creeping phlox)である。
属名の Phlox はギリシャ語の「phlogos(火炎)」からきている。リクニス属の古名であったものが転用された。
種小名の stolonifera は「匍匐茎のある」という意味である。
写真は4月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Phlox stolonifera


★地を這って広がるというフロックス
 厄介者と呼ばれぬように
d0126545_16545818.jpg

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo5 | 2013-05-20 16:56 | 春の花

根室小桜(ネムロコザクラ)

d0126545_1523415.jpg

根室小桜(ネムロコザクラ)はサクラソウ科サクラソウ属の多年草である。
北海道固有種である。
根室地方と北方領土に分布し、亜高山や高山の岩礫地や湿原に生える。
草丈は10~20センチくらいである。
根際から生える葉はさじ形で、下部は狭まって柄のようになる。
葉は広めの卵形で、つけ根の部分が急に細くなっている。
開花時期は5~6月である。
茎先に数輪の淡い紅紫色の花をつける。
花冠は5つに深く裂けて横に広がり、裂片の先は2つに裂ける。
花の真ん中は淡い黄橙色をしている。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
園芸上の区別に過ぎず、やはり根室地方に分布する雪割小桜(ユキワリコザクラ)と同一種とする見方もある。
属名の Primula はラテン語の「primos(最初)」縮小形である。プリムラ・ベリスが早春に他に花に先駆けて咲くことから名づけられた。
種小名の coneifolia は「うさぎのような葉の」という意味である。
写真は4月に大阪市の「咲くやこの花館」で撮った。
学名:Primula coneifolia(=Primula modesta var. fauriei)


★名を聞くも初めての花関西で
 見つけ地元の資料を漁り
d0126545_15232363.jpg

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo5 | 2013-05-19 15:25 | 春の花

ライ麦(ライムギ)

d0126545_14551295.jpg

ライ麦(ライムギ)はイネ科ライムギ属の越年草である。
原産地は西アジアである。
ロシア連邦、北ヨーロッパ、東ヨーロッパで作物として栽培されている。
耐寒性があり、やせ地でもよく育つ。
黒パンの原料、ウォツカの原料、家畜の飼料などとして利用されている。
和名の由来は英名のライ(rye)からきている。
別名を黒麦(クロムギ)という。
草丈は130~180センチくらいである。
穂は10~18センチくらいある。
小麦(コムギ)の拡大につれて作付面積を減らしている。
属名の Secale はラテン語の「sedo(切る)」からきている。家畜の餌にするために細かく切ることから名づけられた。
種小名の cereale は「穀類の」という意味である。
写真は5月に東京都薬用植物園で撮った。
学名:Secale cereale


★黒パンの滑(ぬめ)りが舌に甦る
 ライ麦の穂は真っ直ぐ伸びて
d0126545_14552715.jpg

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル





花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo5 | 2013-05-18 14:58 | 春の花

大輪大甘菜(タイリンオオアマナ)

d0126545_1527551.jpg

大輪大甘菜(タイリンオオアマナ)はユリ科オオアマナ属(オルニトガルム属)の多年草である。
原産地はヨーロッパの地中海沿岸地方である。
草地や湿った土地に生える。
学名のオルニトガルム・ナルボネンセで表示するものもある。
草丈は20~40センチくらいである。
根際から生える葉は線形である。
開花時期は4~6月くらいである。
花茎を伸ばし、先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出して白い花をつける。
花被片は6枚である。
鱗茎は食用になる。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Ornithogalum は、ギリシャ語の「Ornithos(鳥)+gala(乳)」からきている。乳白色の花の色を表したものである。
種小名の narbonense は「(フランスの)ナルボンの」という意味である。
写真は4月につくば植物園で撮った。
学名:Ornithogalum narbonense


★また一つ花の名前が増えたよね
 大甘菜にも種類があって
d0126545_15285128.jpg

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル





花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo5 | 2013-05-17 15:34 | 春の花

桃色鈴蘭(モモイロスズラン)

d0126545_151166.jpg

ドイツ鈴蘭(ドイツスズラン)はユリ科スズラン属の多年草である。
分類体系によってはスズラン科とされる。
原産地はヨーロッパである。
日本に自生する在来種の鈴蘭(スズラン)と比べて耐暑性がある。
また、大型で香りも強く、花が葉の陰に隠れないなどの利点がある。
そのため、市場に流通するものはほとんどが本種であるという。
桃色鈴蘭(モモイロスズラン)はその園芸品種である。
特徴は、花の色が桃色を帯びることである。
草丈は20センチから30センチくらいである。
葉は卵状の楕円形で、2、3枚が根際から出てつけ根の部分は茎を包む。
開花時期は5月から6月である。
茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、10数個の鐘形の花をつける。
花の長さは10ミリくらい、花径は10ミリから15ミリくらいである。
花被片はつけ根の部分で合着する。
雄しべは6本、雌しべは1本ある。
花の後には球形の実(液果)ができ、秋には赤く熟する。
属名の Convallaria はラテン語の「convallis(谷)+leirion(ユリ)」からきている。
種小名の majalis は「5月に咲く」という意味である。
品種名の Rosea は「バラ色の」という意味である。
写真は4月に神代植物公園の野草展(東京山草会)で撮った。
学名:Convallaria majalis 'Rosea'


★真っ白な花のイメージ焼きついて
 どこか馴染めぬ桃色鈴蘭
d0126545_15112247.jpg

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo5 | 2013-05-16 15:14 | 夏の花

ネマタンツス・グレガリウス

d0126545_1615546.jpg

ネマタンツス・グレガリウスはイワタバコ科ネマタンツス属の常緑小低木である。
属名の読み方は「ネマタンサス」とするものもある。
原産地は南アメリカである。
旧学名からヒポシルタないしヒポシルサとも呼ばれる。
また、流通名を金魚の木(キンギョノキ)ともいう。
樹高は30~50センチくらいである。
葉は楕円形で、3枚が車軸状につく(輪生)。
葉の質は肉厚で艶があり、暗い緑色をしている。
開花時期は4~6月である。
条件さえ合えば周年開花をする。
葉の脇に1つずつつく花はオレンジ色の壺形である。
花冠の筒部が膨れ、先が細くつぼんでいる。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Nematanthus はギリシャ語の「nema(糸)+ anthus(花)」からきている。
種小名の gregarius は「群れをなす(普通の)」という意味である。
写真は5月に北大植物園で撮った。
学名:Nematanthus gregarius


★愛嬌がたっぷりだよね金魚の木
 つぼんだ口元思わずにやり
d0126545_16153153.jpg

今日の花
植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo5 | 2013-05-15 16:20 | 春の花

犬枇杷(イヌビワ)

d0126545_16475980.jpg

犬枇杷(イヌビワ)はクワ科イチジク属の落葉低木である。
本州の関東地方から沖縄にかけて分布し、林の縁などに生える。
海外では、韓国の済州島にも分布する。
樹高は3~5メートルである。
葉は長い卵形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖り、縁にぎざぎざ(鋸歯)はない(全縁)。
葉の表面は濃い緑色で艶があり、裏面は灰白色を帯びる。
枝を傷つけると白い乳液がでる。
開花時期は4~5月である。
雌雄異株である。
花は果実状で、花は外からは見えない集合花となっている。
イチジク属に見られる花序で、隠頭花序と呼ばれている。
結実期は9~12月である。
実は秋に熟すると濃い紫色になる。
このような果実はイチジク状果と呼ばれる。
植物では「犬」の文字は「食べられない」という意味でつけられるものが多いが、この犬枇杷(イヌビワ)は熟すと食べられる。
食感は無花果(イチジク)に似ているという。
なお、食用とする部分は果肉ではなく、花托といわれる部分である。
和名の由来は、果実が枇杷(ビワ)に似ているが味は劣るというところからきている。
属名の Ficus はイチジクを意味するラテン語である。
種小名の erecta は「直立した」という意味である。
写真は6月に小石川植物園で撮った。
学名:Ficus erecta


★花よりも団子なりしと犬枇杷は
 実をつけじっと熟すを待ちて
☆犬枇杷は犬とつけられ劣れども
 小さき中に命蓄え
d0126545_16481926.jpg

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル





花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo5 | 2013-05-13 16:50 | 春の花

深山蛍葛(ミヤマホタルカズラ)

d0126545_1348463.jpg

深山蛍葛(ミヤマホタルカズラ)はムラサキ科グランドラ属の常緑小低木である。
園芸上は多年草として扱う。
分類上は、リトドラ属(Lithodora)やムラサキ属(Lithospermum)とされる場合もある。
原産地は南ヨーロッパである。
ポルトガルやスペインの海岸近くなどに生える。
樹高は15~25センチくらいである。
全体に軟毛が生え、匍匐して広がる。
葉は細長い披針形(笹の葉のような形)で、互い違いに生える(互生)。
葉に質は革質で濃い緑色をしている。
葉の先は鈍頭で、縁にぎざぎざ(鋸歯)はない。
開花時期は4~6月くらいである。
花の色は鮮やかな青紫色である。
花径は2センチくらいで、花冠は5つに裂ける。
花の後にできる実は分果(複数の子房からできた果実)で、4つのブロックからなる。
属名の Glandora の由来はまだ解明できていない。
種小名の diffusa は「広がった」という意味である。
写真は4月に富山県中央植物園で撮った。
学名:Glandora diffusa


★鮮やかな色が爽やか星形の
 花が可愛い深山蛍葛
d0126545_13485952.jpg

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル





花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo5 | 2013-05-12 13:52 | 春の花

姫緋扇(ヒメヒオウギ)

d0126545_1459212.jpg

姫緋扇(ヒメヒオウギ)はアヤメ科フリージア属の多年草である。
かつてはラペイロウジア属(Lapeirousia)やアノマテカ属(Anomatheca)に分類されていた。
原産地は南アフリカのケープ地方である。
山地の岩場に生える。
表記の名は流通名で、別名を姫緋扇文目(ヒメヒオウギアヤメ)ともいう。
学名のフリージア・ラクサで表示するものもある。
日本へは大正時代に観賞用として渡来した。
草丈は20~30センチである。
根際から生える葉は剣状である。
開花時期は4~6月である。
花の色は白、桃色、緋色などのものがある。
花径は2~3センチである。
6枚の花被片のうち下側の3枚のつけ根の部分に濃い紅色の斑が入る。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Freesia はドイツ人の医師「フレーゼ(Friedrich Heinrich Theodor Freese, 1795-1876)さん」の名からきている。
種小名の laxa は「疎らな、開いた」という意味である。
写真は4月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Freesia laxa(=Lapeirousia laxa)


★愛らしいポイントのある花模様
 姫緋扇は高山の花
d0126545_14594997.jpg

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo5 | 2013-05-11 15:02 | 春の花