<   2012年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

尨毛アカシア(ムクゲアカシア)

d0126545_1438585.jpg

尨毛アカシア(ムクゲアカシア)はマメ科アカシア属の常緑低木である。
原産地はオーストラリアである。
流通名をパールアカシアという。
樹高は2~4メートルくらいである。
よく枝分かれをし、ブッシュ状の樹形となる。
葉は奇数羽状複葉(鳥の羽のように左右に小葉がいくつか並び、先に1つの小葉がついて1枚の葉が構成される)で、互い違いに生える(互生)。
小葉の形は卵円形である。
葉はビロードのように綿毛を密生し、真珠色にたとえられる。
開花時期は1~3月である。
アカシア特有の球状の黄色い花をたくさんつける。
花はよい香りがする。
花の後にできる実は豆果(莢の中に種子が入るもの)である。
花の後にも観葉植物として1年中楽しめる。
属名の Acacia はギリシャ語の「akantha(棘)」からきている。鋭い棘を持つものが多いことから名づけられた。
種小名の podalyriifolia は「(マメ科の)ポダリリア属(Podalyria)に似た葉の」という意味である。
写真は12月につくば植物園で撮った。
学名:Acacia podalyriifolia


★ハーモニー奏でるごとき花と葉の
 調和麗しパールアカシア
d0126545_14384967.jpg

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by ryudesuyo5 | 2012-02-28 14:42 | 春の花

ミラクルフルーツ

d0126545_12978.jpg

ミラクルフルーツ(miracle fruit)はアカテツ科フルクリコ属の常緑低木である。
英名がそのまま流通名になっているが、ミラクルベリー(miracle berry)の別名もある。
原産地は西アフリカである。
樹高は2~4メートルくらいである。
葉は幅の広い披針形(笹の葉のような形)で、枝先に2~3枚ずつつく。
暖地での開花時期は周年である。
米粒くらいの大きさの白い小さな花で、よい香りがする。
花の後にできる実は長さ2センチくらいの楕円形で、緑色から赤く熟する。
果肉には仄かな甘みがある。
この果肉にはミラクリンと呼ばれる物質が含まれている。
これを食べると、酸っぱいものを甘く感じるという作用がある。
属名の Synsepalum はギリシャ語の「syn(合同)+sepalum(萼片)」からきている。
種小名の dulcificum は「甘味をつくる」という意味である。
写真は12月に板橋区立熱帯環境館で撮った。
学名:Synsepalum dulcificum


★世の中に不思議なものがあるものと
 驚くばかりミラクルフルーツ
d0126545_1292522.jpg

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by ryudesuyo5 | 2012-02-09 12:15 | 果実

沈丁花(ジンチョウゲ)

d0126545_2252954.jpg

沈丁花(ジンチョウゲ)はジンチョウゲ科ジンチョウゲ属の常緑低木である。
原産地は中国である。
日本へは室町時代に渡来した。
当時は、その香りが貴重だったようである。
名の由来は、香りが沈香(ジンコウ)に似て、花が丁字(チョウジ)に似ていることからきている。
春の夜に遠くまで香りが届くということで「千里花」とも呼ばれる。
樹高は100~150センチくらいである。
葉は披針形(笹の葉のような形)で、互い違いに生える(互生)。
葉の縁にぎざぎざ(鋸歯)はない(全縁)。
葉の質は分厚く、艶がある。
開花時期は2~4月である。
雌雄別株である。
枝先に円錐花序(下のほうになるほど枝分かれする回数が多く、全体をみると円錐形になる)を出し、白ないし淡い紫色の花をつける。
花には花弁はない。
花のように見えるのは萼である。
日本ではめったに結実しない。
俳句の季語は春である。
ただし、その強い香りのために、お茶の席などでは「禁花」とされてきたという。
また、樹液には皮膚炎を引き起す成分が含まれている。
属名の Daphne は月桂樹のギリシャ名である。葉の形が似ていることから転用された。
種小名の odora は「よい香りのする」という意味である。
写真は3月に川口市立グリーンセンターで撮った。
学名:Daphne odora


★仄かなる香りやさしき沈丁花
 遠く眺めて古(いにしえ)思う
☆沈丁花その香にのせむ恋しさを
 風に運ばせ遠き君へと
d0126545_2255072.jpg

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by ryudesuyo5 | 2012-02-07 02:27 | 春の花

匂檜葉(ニオイヒバ)

d0126545_1752185.jpg

匂檜葉(ニオイヒバ)はヒノキ科クロベ属の常緑高木である。
原産地は北アメリカである。
日本へは明治時代の中期に渡来し、街路や公園などに植えられている。
樹高は20~30メートルである。
樹形は長い円錐形となる。
樹皮は赤褐色ないし灰褐色である。
葉は鱗片状で平たく、良い香りがする
園芸品種が多い。
開花時期は5月である。
雌雄同株である。
白っぽい花をつける。
球果(マツカサ)は10~11月ころになると朱色に熟して裂開する。
属名の Thuja はギリシャ語の「thyia(ある種の常緑樹)」からきている。
種小名の occidentalis は「西方の」という意味である。
写真は11月につくば植物園で撮った。
学名:Thuja occidentalis


★故里はアメリカなるか匂檜葉
 北の大地に似合うコニファー
d0126545_17524068.jpg

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by ryudesuyo5 | 2012-02-06 17:55 | 観葉植物

ヒマラヤ杉(ヒマラヤスギ)

d0126545_15113564.jpg

ヒマラヤ杉(ヒマラヤスギ)はマツ科ヒマラヤスギ属の常緑高木である。
「杉」の名がつくがマツ科である。
ヒマラヤの北西部、アフガニスタン東部、パキスタン北部、インド北部、チベットなどに分布する。
日本へは明治時代の初期に渡来した。
庭木や公園樹としてよく植えられている。
樹高は20~30メートルである。
幹は直立し、樹冠は円錐形になる。
樹皮は灰褐色で、細かく鱗片状に剥がれる。
葉は針形である。
短枝には束生し、長枝には螺旋状に散生する。
開花時期は10~11月である。
雌雄同株である。
雌花は円錐形で、淡い緑色をしている。
雄花は穂状で直立する。
球果(マツカサ)は卵形で、翌年の秋に熟する。
材は、建築材、土木材、家具材などに用いられる。
属名の Cedrus はギリシャ語の「cedros(香りの良い材木)」からきている。
種小名の deodara は「神木」という意味である。
写真は2月に新宿御苑で撮った。
下の写真は1月に小石川植物園で撮った。
学名:Cedrus deodara


★あったぞと興奮気味にカメラ向け
 ヒマラヤ杉の花を収めて
d0126545_15121036.jpg

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル





[PR]
by ryudesuyo5 | 2012-02-05 15:15 | 観葉植物

青森椴松(アオモリトドマツ)

d0126545_12334358.jpg

青森椴松(アオモリトドマツ)はマツ科モミ属の常緑高木である。
別名を大白檜曽(オオシラビソ)という。
日本固有種である。
本州の東北地方から中部地方にかけて日本海側に分布し、亜高山や高山に生える。
太平洋側には近縁種の白桧曽(シラビソ)が分布する。
樹高は25メートルに達するが、高山では樹高も低くなる。
枝は太くて強く、真っ直ぐに横に張る。
葉は長さ1~2センチの線形である。
球果(マツカサのこと)は長さが10センチくらいある楕円体で直立する。
色は紫色を帯びており、次第に黒ずむ。
蔵王などの樹氷はこの木をもとにしてできる。
撮影地の八幡平でも樹氷ができるそうである。
属名の Abies はラテン語の「abeo(立ち上がる)」からきている。
種小名の mariesii はイギリス人の植物採集家「マリ-ズ(C. Maries)さんの」という意味である。
写真は7月に八幡平で撮った。
学名:Abies mariesii


★どっしりと大地に根づき枝を張り
 高嶺の似合う青森椴松
d0126545_1234381.jpg

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by ryudesuyo5 | 2012-02-02 12:38 | 観葉植物