<   2011年 10月 ( 29 )   > この月の画像一覧

唐橘(カラタチバナ)

d0126545_11585552.jpg

唐橘(カラタチバナ)はヤブコウジ科ヤブコウジ属の常緑小低木である。
本州の茨城県から沖縄にかけて分布し、林の中に生える。
海外では、台湾や中国にも分布する。
和名の由来は、花が枳殻(カラタチ)の花に似ていることからきている。
別名を百両(ヒャクリョウ)ともいい、おめでたい木とされる。
古典園芸植物の1つで江戸時代に改良が進み、100種もの品種が生み出されたという。
寛政年間には価格が高騰して売買禁止令も出されている。
樹高は30~50センチくらいである。
幹は直立するが、万両(マンリョウ)のように上部で枝分かれをしない。
葉は細くて大きな披針形(笹の葉のような形)で、互い違いに生える(互生)。
葉には短い柄があり、縁には波状のぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は7月である。
葉の脇に散房花序(柄のある花がたくさんつき、下部の花ほど柄が長いので花序の上部がほぼ平らになる)を出し、淡い黄を帯びた白い花をまばらにつける。
花弁は5枚で下向きに咲き、花弁の先が反り返る。
萼片は5枚、雄しべ5本、雌しべ1本である。
花の後にできる実は球形の核果(水分を多く含み中に種が1つある)である。
9~10月ころに赤く熟し、翌年まで落ちない。
実が白いものや葉に班の入った園芸品種もある。
属名の Ardisia はギリシャ語の「ardis(鎗先)」からきている。雄しべ葯の形が似ていることから名づけられた。
種小名の crispa は「縮れた」という意味である。
写真は7月に向島百花園で撮った。
実の写真は12月にJAあゆみ野安行園芸センターで撮った。
学名:Ardisia crispa


★赤い実もどこか渋いね葉の陰で
 唐橘は古典植物
d0126545_11593788.jpg

植物図鑑
花図鑑








[PR]
by ryudesuyo5 | 2011-10-31 12:02 | 果実

ブロッコリー

d0126545_1323017.jpg

ブロッコリー(broccoli)はアブラナ科アブラナ属の一年草である。
原産地はイタリアである。
ブロッコリーもイタリア語で、茎や芽を意味する。
キャベツ(cabbage)の変種で、カリフラワー(cauliflower)の原種といわれる。
和名は芽花野菜(メハナヤサイ)である。
緑花野菜(ミドリハナヤサイ)の別名もある。
草丈は1メートルくらいである。
茎は直立をする。
葉は長い楕円形で切れ込む。
食用とするのは蕾の状態の花序と茎である。
収穫をしないでおくと、油菜(アブラナ)に似た黄色やクリーム色の花を咲かせる。
花の後にできる実は角果(雌しべの中にある仕切りを残して左右の殻がはがれるもの)である。
属名の Brassica はキャベツの古いラテン名からきている。
種小名の oleracea は「食用蔬菜の」という意味である。
変種名の italica は「イタリアの」という意味である。
写真は1月に千葉市花の美術館で撮った。
花の写真は2月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Brassica oleracea var. italica


★もこもこと変な味するブロッコリー
 でも好きな人たくさんいるね
d0126545_13235119.jpg

植物図鑑
花図鑑









[PR]
by ryudesuyo5 | 2011-10-30 13:26 | 作物

赤紫蘇(アカジソ)

d0126545_8473361.jpg

赤紫蘇(アカジソ)はシソ科シソ属の一年草である。
原産地は中国の南部である。
日本へは縄文時代に渡来していたと言われる。
畑で栽培されるほか、逸出して野生化したものも見かける。
草丈は20センチから50センチくらいである。
茎は直立し、断面は四角形である。
葉は広めの卵形で、向かい合って生える(対生)。
葉には長い柄があって先は尖り、縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は8月から9月である。
枝先に穂状花序(柄のない花が花茎に均等につく)を出し、淡い紫色の小花を密につける。
花は筒状の唇形で、下唇は3つに裂け、真ん中のものが一番大きく、さらに2つに裂ける。
葉は漬物の着色やふりかけ用などに使う。
葉は生薬で紫蘇葉(しそよう)といい、殺菌、防腐、解熱、解毒作用がある。
種子は紫蘇子(しそし)といい、鎮咳・去痰の薬効がある。
俳句では「紫蘇」が夏の季語、「紫蘇の実」が秋の季語である。
写真は9月に東京都薬用植物園で撮った。
学名:Perilla frutescens var. crispa f. purpurea


★こんもりと茂る赤紫蘇よい香り
 鼻を近づけ葉を手にとって
d0126545_8475821.jpg

植物図鑑
花図鑑







[PR]
by ryudesuyo5 | 2011-10-29 08:50 | 秋の花

岩檜葉(イワヒバ)

d0126545_10353861.jpg

岩檜葉(イワヒバ)はイワヒバ科イワヒバ属の多年草である。
本州の関東地方から九州にかけて分布し、山地の樹上や岩壁などに着生する常緑性のシダ植物である。
海外では、東アジア、東南アジア、シベリアなどにも分布する。
江戸時代から改良が進められた古典園芸植物で、150種類以上の園芸品種があるという。
草丈は15センチくらいである。
直立した仮茎の先で放射状に枝分かれをし、小さな鱗状の葉をたくさんつける。
葉は表面が濃い緑色、裏面が淡い緑色である。
和名の由来は、岩上に生育し檜(ヒノキ)の葉に似ることからきている。
属名の Selaginella はヒカゲノカズラの古名「Selago」の縮小形である。
種小名の tamariscina は「Tamarix(ギョリュウ属)に似た」という意味である。
俳句の季語は夏である。
写真は10月につくば植物園で撮った。
学名:Selaginella tamariscina


★鉢物もよいが岩檜葉崖埋めて
 生える姿は青々として
d0126545_10355873.jpg

植物図鑑
花図鑑







[PR]
by ryudesuyo5 | 2011-10-28 10:37 | 観葉植物

パンパスグラス

d0126545_993738.jpg

パンパスグラス(pampas grass)はイネ科シロガネヨシ属の多年草である。
原産地はアルゼンチンである。
「パンパスに生える草」という意味である。
日本へは明治時代に渡来した。
逸出して野生化したものが空き地などに生える。
薄(ススキ)に似ているが、草丈は2~3メートルもあって大形である。
葉は線形で中肋が太く、縁には細かいぎざぎざ(鋸歯)があって剃刀のようである。
開花時期は8~10月である。
雌雄異株である。
茎先に円錐花序(下のほうになるほど枝分かれする回数が多く、全体をみると円錐形になる)を出し、銀白色の花穂をつける。
花の後にできる実は(イネ科の果実で薄い木質の果皮が種子に密着している)である。
和名は白銀葭(シロガネヨシ)という。
属名の Cortaderia はアルゼンチンの現地語「cortadera(切れる)」からきている。
種小名の selloana はドイツの植物学者「セロー(F. Sellow)さんの」という意味である。
写真は10月につくば植物園で撮った。
学名:Cortaderia selloana


★銀(しろがね)の穂先揺らめき白日夢
 光いざなう眩しきロマン
d0126545_910564.jpg

植物図鑑
花図鑑







[PR]
by ryudesuyo5 | 2011-10-27 09:11 | 秋の花

タアツァイ

d0126545_6573440.jpg

タアツァイはアブラナ科アブラナ属の一年草ないし二年草である。
「タアサイ」とも呼ばれる。
原産地は中国の華中地方である。
昭和時代の初期に導入されたものが如月菜(キサラナギ)の名で関東地方の北部から東北地方で栽培されている。
1972年の日中国交回復を契機に再導入され、中国野菜ブームに乗って徐々に広がっている。
周年栽培が可能である。
高温期は立ち性だが、寒期は扁平になって地面に広がる。
「タア」には広がるという意味があり、寒期に霜にあたって旨味が増すという。
属名の Brassica はキャベツの古いラテン名からきている。
種小名の campestris は「原野に生える」という意味である。
写真は10月につくば植物園で撮った。
花の写真は4月につくば植物園で撮った。
学名:Brassica campestris


★食べたことあったかなあと曖昧な
 記憶手繰りつタアツァイを見る
d0126545_6581573.jpg

植物図鑑
花図鑑







[PR]
by ryudesuyo5 | 2011-10-26 07:00 | 作物

キャベツ

d0126545_11575189.jpg

キャベツ(cabbage)はアブラナ科アブラナ属の一年草である。
甘藍(カンラン)、玉菜(タマナ)などの和名があるが、今ではあまり使われない。
原産地は西ヨーロッパである。
古代ギリシャ・ローマの時代から胃腸の調子を整える保健食とされた。
結球するタイプのものは13世紀ころから登場し、その後も品種改良がくり返された。
日本へは江戸時代にオランダから渡来した。
しかし、それは甘藍(カンラン)と呼ばれ、観賞用に栽培された。
食用として栽培されるようになったのは明治以降のことである。
キャベツは本来は秋に芽生え、春に開花する植物である。
したがって夏の高温には弱く、冷涼な地域でいわゆる高原野菜として栽培されている。
結球時には、中心に近い葉ほど内側を向き、外側になるに連れて外を向く。
茎はほとんど伸びない。
花を見ることは少ないが、結球できなかった株を放置すると、花茎が伸びて菜の花が咲く。
属名の Brassica はキャベツの古いラテン名からきている。
種小名の oleracea は「食用蔬菜の」という意味である。
変種名の capitata は「頭状の」という意味である。
写真は11月につくば植物園で撮った。
花の写真は4月につくば植物園で撮った。
学名:Brassica oleracea var. capitata


★改めて育ち盛りの姿見る
 きゅっと結ぶはまだ先なのか
d0126545_11582889.jpg

植物図鑑
花図鑑







[PR]
by ryudesuyo5 | 2011-10-25 12:01 | 作物

マニラ麻(マニラアサ)

d0126545_11574538.jpg

マニラ麻(マニラアサ)はバショウ科バショウ属の常緑多年草である。
麻(アサ)の仲間ではないが、繊維が取れることから「麻」の名が充てられている。
原産地はフィリピンである。
「マニラ」の名は首都マニラに由来する。
カリマンタン島やスマトラ島などにも分布し、繊維作物として栽培されている。
草丈は6メートルくらいになる。
茎のように見えるのは偽茎と呼ばれる部分で、葉鞘(茎を鞘状に包むような形になった葉のつけ根)の巻き重なったものである。
ここから繊維がとれる。
葉は楕円形で大きい。
花序は夏から秋にかけてできる。
バショウ属特有のもので、つけ根近くに雌花を、先のほうに雄花をつける。
花の後にできる実は偽果(子房以外の部分が加わってできている果実)で、中には小さな種子が入っている。
属名の Musa はこの属のアラビア名からきている。
種小名の textilis は「織物に用いる」という意味である。
写真は2月に新宿御苑で撮った。
学名:Musa textilis


★天狗でも棲んでいそうなマニラ麻
 大きな葉っぱの陰で花咲き
d0126545_11582952.jpg

植物図鑑
花図鑑







[PR]
by ryudesuyo5 | 2011-10-24 12:03 | 作物

白菜(ハクサイ)

d0126545_10445240.jpg

白菜(ハクサイ)はアブラナ科アブラナ属の一年草ないし二年草である。
分類上は、株(カブ)の変種とされている。
原産地は中国の北部である。
日本へは明治時代に渡来し品種改良された。
形態的には葉が結球するものとしないものがある。
結球するものは日本で改良された。
外側の葉は緑色だが、結球の内部へいくと黄白色になる。
草丈は40~100センチくらいである。
開花時期は4~5月である。
収穫せずに放置すると、菜の花と同じような花を咲かせる。
花の後にできる実は角果(雌しべの中にある仕切りを残して左右の殻がはがれるもの)である。
属名の Brassica はキャベツの古いラテン名からきている。
種小名の rapa は「カブラ」という意味である。
変種名の glabra は「無毛の」という意味である。
写真は11月につくば植物園で撮った。
学名:Brassica rapa var. glabra


★白菜もいろんな姿撮りたいな
 膨らむ夢にこぼれる笑顔
d0126545_10451934.jpg

植物図鑑
花図鑑







[PR]
by ryudesuyo5 | 2011-10-23 10:47 | 作物

ウインターコスモス

d0126545_11474512.jpg

ウインターコスモス(winter cosmos)はキク科センダングサ属の多年草である。
流通名にコスモスの名はつくが、コスモスではなく栴檀草(センダングサ)の仲間である。
また、英名ではなく和製英語である。
和名は菊咲き栴檀草(キクザキセンダングサ)という。
実にある2本の棘を歯に見立てたものである。
原産地は北アメリカ南部からグアテマラにかけた一帯である。
日本へは園芸用に導入された。
なお、センダングサ属の数種類がウインターコスモスの名で流通している。
立ち性のものと矮性のものがある。
草丈は20~120センチくらいである。
葉は羽状に細かく裂け、互い違いに生える(互生)。
開花時期は9~12月である。
茎先に集散花序(最初の花が枝先につき、その下に次々と側枝を出して花がつく)を出し、黄色い花(頭花)をつける。
筒状花は黄色い。
舌状花の色は、白やクリーム色のほか、黄色地に白の覆輪が入るものなどがある。
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
属名の Bidens はラテン語の「bi(2)+dens(歯)」からきている。実にある2本の棘を歯に見立てたものである。
種小名の laevis は「無毛で、なめらかな艶を持つ」という意味である。
写真は11月に千葉市花の美術館で撮った。
学名:学名:Bidens laevis


★上品な黄の色似合う花姿
 ウインターコスモス寒さに負けず
d0126545_11481858.jpg

植物図鑑
花図鑑







[PR]
by ryudesuyo5 | 2011-10-22 11:50 | 秋の花