<   2011年 05月 ( 26 )   > この月の画像一覧

狐の牡丹(キツネノボタン)

d0126545_7103440.jpg

狐の牡丹(キツネノボタン)はキンポウゲ科キンポウゲ属の多年草である。
北海道から九州にかけて分布し、道端や野原などに生える。
海外では、朝鮮半島にも分布する。
草丈は30~50センチくらいである。
茎は中空である。
葉は3出複葉(1枚の葉が3つの小さな葉に分かれた形)である。
根際から生えるはには長い柄がある。
小葉は2つか3つに裂け、不規則なぎざぎざ(鋸歯)がある。
茎につく葉は互い違いに生える(互生)。
開花時期は4~7月くらいである。
茎先のあたりに出た柄に、花径1センチくらいの小さな黄色い花をつける。
花弁は5枚で、後ろに萼がある。
花の咲いた後に、淡い緑色をした金平糖のようなそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)の集合果を結ぶ。
和名の由来は、狐が住みそうな野に生え、葉が牡丹に似ていることからきている。
全草に毒があり、食べると腹痛、吐き気、下痢などの症状が現れるので注意が必要である。
属名の Ranunculus はラテン語の「rana(蛙)」からきている。この属の水生の種が蛙の棲むような所に生えることから名づけられた。
種小名の silerifolius は「(セリ科の)ムカゴニンジン属(Sium=Siler)に似た葉の」という意味である。
写真は5月に板橋区立赤塚万葉薬用園で撮った。
学名:Ranunculus silerifolius


★道端に金平糖がきらきらと
 毒に用心狐の牡丹
d0126545_7105130.jpg

今日の花ドットコム
花図鑑
[PR]
by ryudesuyo5 | 2011-05-31 07:11 | 夏の花

桃色蒲公英(モモイロタンポポ)

d0126545_12515613.jpg

桃色蒲公英(モモイロタンポポ)はキク科フタマタタンポポ属の一年草である。
原産地は南ヨーロッパである。
多年草の蒲公英(タンポポ)とは属も異なる花なのだが、ネーミングがよかったのか人気が出ているという。
草丈は30~40センチくらいである。
根際から生える葉は長い楕円形で深く切れ込み、ロゼット状となる。
開花時期は4~7月である。
茎先に蒲公英(タンポポ)によく似たピンクの花(頭花)をつける。
白色の変種もある。
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
千本蒲公英(センボンタンポポ)の別名がある。
属名の Crepis はギリシャ語の「crepis(長靴)」からきている。
種小名の rubra は「赤色の」という意味である。
写真は5月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Crepis rubra


★桃色の吐息漏らすや蒲公英の
 名で愛されて花壇を埋めて
d0126545_12522120.jpg

今日の花ドットコム
花図鑑
[PR]
by ryudesuyo5 | 2011-05-30 12:53 | 夏の花

矢車菊(ヤグルマギク)

d0126545_14311452.jpg

矢車菊(ヤグルマギク)はキク科ヤグルマギク属の越年草である。
原産地はヨーロッパの南部である。
元々は小麦畑の雑草であったものが品種改良をされた。
ドイツでは国花になっている。
日本へは明治時代の前期に渡来した。
流通上は矢車草(ヤグルマソウ)とも呼ばれるが、ユキノシタ科に同名の植物があるので混同しやすい。
英名はコーンフラワー(Corn flower)という。
これは種子が穀物に混入して外国に運ばれることからきている。
和名の由来は、花の形が鯉のぼりの矢車に似ているところからきている。
草丈は30~100センチくらいである。
茎は直立をする。
葉は互い違いに生える(互生)。
茎の下のほうにつく葉は幅の広い倒卵形で、羽状に裂ける。
茎の上のほうにつく葉は線状の披針形である。
開花時期は4~6月である。
花の色は淡い藍色である。
園芸品種には、白、紫色、桃色、黄色などのものがある。
キク科特有の頭状花だが、舌状花はなく筒状花のみからなる。
周りにつく筒状花は舌状花に似ている。
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
俳句の季語は夏である。
属名の Centaurea はギリシャ神話に登場する「ケンタウルス(Centaurus)」に由来する植物名(centaurie)からきているとされる。
種小名の cyanus は「浅葱色(あさぎいろ:淡い藍色)の」という意味である。
写真は5月に埼玉県の川口市安行で撮った。
学名:Centaurea cyanus


★名前だけ知ってはいたがこの花か
 矢車菊の色澄み渡り
d0126545_14313223.jpg

今日の花ドットコム
花図鑑
[PR]
by ryudesuyo5 | 2011-05-29 14:32 | 夏の花

羅生門葛(ラショウモンカズラ)

d0126545_1025241.jpg

羅生門葛(ラショウモンカズラ)はシソ科ラショウモンカズラ属の多年草である。
本州から九州にかけて分布し、山地の林の中や林の縁、山道の道端などに生える。
海外では、朝鮮半島や中国にも分布する。
草丈は20~30センチくらいである。
蔓性で地面を這って伸びる。
茎の断面は四角形である。
葉は卵円形で、向かい合って生える(対生)。
葉の先は尖り、縁には鈍いぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉には柄があり、つけ根の部分は心形である。
茎の上部では葉は小さくなる。
開花時期は4~5月である。
上部の葉の脇に2~3個の花を横向きにつける。
4~5センチくらいある唇形の花で、紫色をしている。
下唇が発達していて、濃い紫色の斑が入り、白くて長い毛が生えている。
花は一方向を向いていて、段々に咲く。
花の後にできる実は分果(複数の子房からできた果実)で、4つのブロックからなる。
和名の由来は、大きくふっくらとした花の感じを、羅生門で渡辺綱が切り落とした鬼女の腕に見立てたものである。
属名の Meehania はアメリカの植物学者「ミーハン(T. Meehan)さん」の名からきている。
種小名の urticifolia は「イラクサ属(Urtica)のような葉の」という意味である。
写真は4月に板橋区立赤塚植物園で撮った。
学名:Meehania urticifolia


★ふっくらしオドロオドロの花模様
 二本の腕に誰が見立てし
d0126545_10254999.jpg

今日の花ドットコム
花図鑑
[PR]
by ryudesuyo5 | 2011-05-28 10:26 | 春の花

芍薬(シャクヤク)

d0126545_14522498.jpg

芍薬(シャクヤク)はボタン科ボタン属の多年草である。
中国北部、モンゴル、シベリア東南部、朝鮮半島北部などに分布する。
中国では紀元前にすでに薬草として栽培されていた。
日本でも古くから薬用・観賞用に栽培されてきている。
牡丹(ボタン)とよく似ているが、一番の違いは木と草であることである。
草丈は50~80センチくらいである。
葉は2回3出複葉で、互い違いに生える(互生)。
3出複葉は三つ葉のことで、3つに枝分かれした先に三つ葉をつけて1枚の葉となる。
小葉の形は細長い卵形ないし披針形(笹の葉のような形)である。
葉の質はやや厚く艶がある。
芍薬(シャクヤク)は枝分かれせずにまっすぐに立つが、牡丹(ボタン)は枝分かれして横に広がる樹形になりやすい。
開花時期は5~6月である。
牡丹(ボタン)が咲き終わるのを待つようにして咲き始める。
茎先にボタンに似た花径10センチくらいの花を1つつける。
花弁数は5~10枚であり、もっと多いものもある。
花の色は紅色、桃色、紫紅色、白、黄色などで、一重、八重、半八重咲きなど品種は多彩である。
花の後にできる実は袋果(熟すと果皮が自然に裂けて種子を放出する)である。
根を生薬で芍薬(しゃくやく)といい、消炎・鎮痛・抗菌・止血・抗痙攣作用などがある。
俳句の季語は夏である。
属名の Paeonia はギリシャ神話の医神「Paeon(ペオン)」の名からきている。シャクヤクの根でプルートーの傷を治した。
種小名の lactiflora は「乳色の花の」という意味である。
写真は5月に小石川植物園で撮った。
学名:Paeonia lactiflora


★様々に花の姿は変われども
 変わらぬ風情その立ち姿
d0126545_14524787.jpg

今日の花ドットコム
花図鑑
[PR]
by ryudesuyo5 | 2011-05-27 14:53 | 夏の花

リビングストンデージー

d0126545_12584135.jpg

リビングストンデージーはツルナ科ドロテアンツス属の一年草である。
分類体系によってはハマミズナ科とされる場合もある。
その名前からキク科の雛菊(デージー)を連想させるが、仲間が異なる。
松葉菊(マツバギク)やポーチュラカと近い仲間である。
原産地は南アフリカのケープ地方である。
リビングストンはイギリスの探検家であったリビングストンの名前に由来する。
日本には1935年に渡来した。
草丈は10~15センチくらいである。
茎はよく枝分かれをし、匍匐して広がる。
葉はスプーンのへらのような形をしており、多肉質である。
花期は3月~5月である。
花の大きさ4センチくらいである。
花色は紅、紫紅、桃、橙、黄、白など変化に富んでおり、多くは蛇の目咲きをする。
花は光線を受けると開き、夜だけでなく雨や日陰など光線の弱いときにも閉じる。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
リビングストンデージーと松葉菊(マツバギク)は花の形がよく似てる。
それに、どっちも多肉質な感じの茎や葉を持っているが、大きな違いはリビングストンデージーの花心に蛇の目模様があることである。
属名の Dorotheanthus はの「Dorothea(命名者の母親の名)+anthus(花)」からきている。
種小名の bellidiformis は「ヒナギク属(Bellis)のような形の」という意味である。
写真は6月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Dorotheanthus bellidiformis


★陽射し浴び宝石箱を見るように
 眩しく花は光り輝き
☆花びらを細かく揺らし輝ける
 春の陽射しに喜びながら
d0126545_12585880.jpg

今日の花ドットコム
花図鑑
[PR]
by ryudesuyo5 | 2011-05-26 13:00 | 春の花

ローズゼラニウム

d0126545_1148588.jpg

ローズゼラニウム(Rose geranium)はフウロソウ科テンジクアオイ属の常緑小低木である。
原産地は南アフリカである。
樹高は30~100センチくらいである。
葉には柄があり、深く3つに裂ける。
裂片はさらに細かく切れ込む。
葉には甘い薔薇の香りがあり、ローズティーの原料となる。
また、窓辺に置くと防虫効果があるという。
開花時期は3~6月である。
よく枝分かれをし、花径3センチくらいの淡いピンク色をした5弁花をたくさん咲かせる。
花びらのうちの2枚に濃い紅紫色の斑が入る。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
和名は匂い天竺葵(ニオイテンジクアオイ)である。
蚊連草(カレンソウ)という流通名もある。
属名の Pelargonium はギリシャ語の「pelargos(コウノトリ)」からきている。実の形がコウノトリのくちばしに似ることから名づけられた。
種小名の graveolens は「強い臭いのある」という意味である。
写真は4月に伊豆海洋公園で撮った。
学名:Pelargonium graveolens


★どことなく花の姿が魅惑的
 名前のせいかな色のせいかな
d0126545_11482449.jpg

今日の花ドットコム
花図鑑
[PR]
by ryudesuyo5 | 2011-05-25 11:49 | 春の花

紅萼えごの木(ベニガクエゴノキ)

d0126545_10494957.jpg

えごの木(エゴノキ)はエゴノキ科エゴノキ属の落葉小高木である。
北海道から沖縄にかけて分布し、比較的水分のある谷沿いなどで良く成長する。
海外では、朝鮮半島や中国にも分布する。
紅萼えごの木(ベニガクエゴノキ)はその園芸品種である。
花柄と萼筒が赤いのが特徴である。
樹高は2~7メートルくらいになる。
葉は長さは4~8センチくらいの卵形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖り、縁には浅いぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は5~6月である。
花には長い柄があり、枝からぶら下がって咲く。
枝一面に垂れ下がるピンク色の花が美しい。
花冠は5つに深く裂け、花の色は桃色で、中心には10本の黄色い雄しべがある。
花は甘い香りがする。
10月ころに灰白色をした卵球形のさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)がなる。
俳句では「えごの花」が夏の季語である。
属名の Styrax はギリシャ語の「storax(安息香)」からきている。この属の植物の樹脂から安息香(ベンゾイン)が採れることから名づけられた。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
品種名の rubicalyx は「萼が赤い」という意味である。
写真は5月に小石川植物園で撮った。
学名 Styrax japonica f. rubicalyx


★薄紅の程よさ似合うえごの花
 着飾りて咲く六月の空
d0126545_10501038.jpg

今日の花ドットコム
花図鑑
[PR]
by ryudesuyo5 | 2011-05-24 10:51 | 夏の花

芙蓉酢漿草 (フヨウカタバミ)

d0126545_1351450.jpg

芙蓉酢漿草 (フヨウカタバミ) はカタバミ科カタバミ属の多年草である。
原産地は南アフリカのケープ地方である。
学名のオキザリス・プルプレアの名でも知られている。
また、学名には異名があり、オキザリス・バリアビリスとも呼ばれる。
草丈は5~20センチくらいである。
葉は3出複葉(1枚の葉が3つの小さな葉に分かれた形)である。
小葉の形は円形ないし倒卵形である。
葉の柄の長さは5~10センチくらいある。
開花時期は3~5月である。
花径5~6センチの芙蓉 (フヨウ) に似たピンクや白の花を花茎に1つつける。
花の色は豊富で、紅、赤、黄、紫、橙などのものもあるという。
花が咲くのは昼の間だけで、朝と夕方は閉じてしまう。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Oxalis はギリシャ語の「oxys(酸っぱい)」に由来する。この属の植物にはしゅう酸を含み酸っぱいものが多いことからきている。
種小名の purpurea は「紫色の」という意味である。
種小名の variabilis は「変化に富む」という意味である。
写真は4月に伊豆海洋公園で撮った。
学名:Oxalis purpurea(=Oxalis variabilis)


★暖かな春の陽射しに元気よく
 芙蓉酢漿草花を開いて
d0126545_13512131.jpg

今日の花ドットコム
花図鑑
[PR]
by ryudesuyo5 | 2011-05-23 13:52 | 春の花

百合の木(ユリノキ)

d0126545_1053180.jpg

百合の木(ユリノキ)はモクレン科ユリノキ属の落葉高木である。
原産地は北アメリカである。
日本へは明治時代の初期に渡来した。
街路樹や庭木などに植えられている。
成長が早く、樹高は20~30メートルにもなる。
樹皮は灰白色をしており、老木になると縦の裂け目が目立つ。
幹は真っ直ぐに伸びて、整った樹形になる。
葉は互い違いに生える。
長い柄の先に、浅く4つに裂け、先端部分の窪んだ半纏のような形をした葉をつける。
ここから半纏木(ハンテンボク)の別名もある。
開花時期は5~6月である。
枝先に鐘形をしたチューリップのような花を上向きにつける。
花径は5~10センチくらいある。
花の色は黄緑色で、下のほうにオレンジ色の斑紋がある。
花被片は9枚である。
内花被片は6枚で上を向き、3枚の外花被片が下側に反り返る。
雌しべが円錐状に集合した周りをたくさん雄しべが取り囲んでいる。
花の後にできる実は翼果(翼のある実)が松かさのように集まった集合果である。
英名はチューリップツリー(tulip tree)である。
秋の黄葉も美しい。
属名の Liriodendron はギリシャ語の「leirion(ユリ)+dendron(樹木)」からきている。花の形がユリに似ることから名づけられた。
種小名の tulipifera は「チューリップのような花の咲く」という意味である。
写真は6月に富山県中央植物園で撮った。
学名:Liriodendron tulipifera


★見上げれば葉陰かすかにオレンジの
 色を感じる百合の木の花
d0126545_10532154.jpg

今日の花ドットコム
花図鑑
[PR]
by ryudesuyo5 | 2011-05-22 10:54 | 夏の花