<   2010年 07月 ( 27 )   > この月の画像一覧

現の証拠(ゲンノショウコ)

d0126545_4485470.jpg

現の証拠(ゲンノショウコ)はフウロソウ科フウロソウ属 の多年草である。
北方領土を含む北海道から沖縄にかけて分布し、草地や道端に生える。
花の色は西日本では紅紫色が多く、東日本では白や淡い紅色のものが多いという。
海外では、朝鮮半島や台湾にも分布する。
草丈は30センチから50センチくらいである。
茎は地を這い、下向きの毛が生える。
葉は手のひら状に3つから5つに裂け、互い違いに生える(互生)。
葉の柄は長く、つけ根の部分に1対の托葉(葉のつけ根にある付属体)がある。
開花時期は7月から10月である。
葉の脇から出た花柄の先に小さな5弁花をつける。
雄しべは10本ある。
雌しべの花柱の先は5つに裂ける。
萼片は5枚である。
花の後には5つの球形の種子ができる。
全草にタンニンを含み、干したものを煎じて下痢止め、健胃薬とする。
名の由来は、飲むとすぐ効くので「現の証拠」である。
別名を御輿草(ミコシグサ)という。
これは実の裂けた姿を御輿の屋根に譬えたものである。
俳句の季語は夏である。
写真は7月に上高地で撮った。
ここには西日本タイプと東日本タイプの両方があった。
学名:Geranium thunbergii(=Geranium nepalense subsp. thunbergii)


★顔を出す紅紫の花姿
 頬を緩めてじっと眺めて

d0126545_4491371.jpg

d0126545_4492996.jpg

今日の花ドットコム
花図鑑
[PR]
by ryudesuyo5 | 2010-07-31 04:50 | 夏の花

朝鮮嫁菜(チョウセンヨメナ)

d0126545_5251010.jpg

朝鮮嫁菜(チョウセンヨメナ)はキク科ミヤマヨメナ属の多年草である。
原産地は朝鮮半島である。
日本へは大正時代に渡来し、広く栽培されるようになった。
一部は野生化して、道ばたなどに群落を形成している。
いわゆる「野菊」の1つである。
別名を朝鮮紫苑(チョウセンシオン)ともいう。
草丈は60センチから100センチくらいである。
茎は直立する。
全体に毛は生えていない。
葉は広い披針形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は鋭く尖り、縁には低いぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉には柄はなく茎を抱く。
開花時期は6月から9月くらいである。
茎先に青紫色の花(頭花)をまず咲かせ、それから脇枝の蕾が次々と開いていく。
花径は3、4センチくらいである。
真ん中の筒状花は黄色い。
写真は7月に箱根湿生花園で撮った。
学名:Miyamayomena koraiensis


★紫と黄のコントラスト冴え渡り
 涼しげに咲く朝鮮嫁菜

d0126545_5253615.jpg

今日の花ドットコム
花図鑑
[PR]
by ryudesuyo5 | 2010-07-30 05:26 | 夏の花

苦菜(ニガナ)

d0126545_2022133.jpg

苦菜(ニガナ)はキク科ニガナ属の多年草である。
北海道から沖縄にかけて分布し、道端や山野に普通に生える。
海外では、朝鮮半島や中国などにも分布する。
和名の由来は、茎や葉に苦味のある白汁を含むことからきている。
草丈は20センチから70センチくらいである。
葉は長い楕円形で、互い違いに生える(互生)。
根際から生える葉には長い柄がある。
茎につく葉は茎を抱く。
開花時期は5月から7月くらいである。
茎先に集散花序(茎先に花がつき、少し下から横枝が出てその先にも花がつく)を出し、黄色い花(頭花)をつける。
花は花弁のように見える舌状花5、6枚からなる。
7枚から11枚あるものは花苦菜(ハナニガナ)という。
写真は7月に箱根町で撮った。
学名:Ixeris dentata


★八月の志賀高原の片隅に
 ぽつんと咲いた苦菜を見つけ

d0126545_2024614.jpg

今日の花ドットコム
花図鑑
[PR]
by ryudesuyo5 | 2010-07-29 20:03 | 夏の花

大葉子(オオバコ)

d0126545_1854441.jpg

大葉子(オオバコ)はオオバコ科オオバコ属の多年草である。
漢字では「車前草」とも書く。
日本各地に分布し、道端や空地などにごく普通に生える。
海外では、アジアの冷帯から熱帯にかけて広く分布する。
葉や花茎には踏みつけに適応できる丈夫な維管束が発達しており、適度な踏みつけによって生き延びることができる。
草丈は10センチから50センチくらいである。
根際から生える葉は卵形で、縁が波打つ。
開花時期は4月から9月くらいである。
花茎を伸ばし、穂状に多数の白い花を密集してつける。
全草を乾燥させたものを生薬で車前草(しゃぜんそう)、葉と種子を乾燥させたものを車前葉(しゃぜんよう)、車前子(しゃぜんし)といい、それぞれ消炎、利尿、止瀉などの薬効がある。
俳句では「車前草の花」が夏の季語である。
写真は7月に上高地で撮った。
学名:Plantago asiatica


★目立たない姿でじっと踏むを待つ
 大葉子の花緑に溶けて

d0126545_18545836.jpg

今日の花ドットコム
花図鑑
[PR]
by ryudesuyo5 | 2010-07-28 18:55 | 夏の花

胡瓜(キュウリ)

d0126545_6272520.jpg

胡瓜(キュウリ)はウリ科キュウリ属の蔓性一年草である。
南アジアを原産地とする華南型とヒマラヤ山麓を原産地とする華北型とがあり、前者は春胡瓜、後者は夏胡瓜として発達してきた。
現在では交雑育種が進み、日本独自の品種を作り出している。
漢字では「木瓜」または「黄瓜」とも書く。
開花時期は6月から8月くらいである。
花径3センチくらいの黄色い花をつける。
結実期は7月から9月くらいである。
俳句では「胡瓜」と「胡瓜の花」が夏の季語である。
写真は8月に埼玉県三郷市で撮った。
学名:Cucumis sativus


★皺々でだけどなんだか温かく
 胡瓜(きゅうり)の花が夏日を浴びて

d0126545_6274337.jpg

今日の花ドットコム
花図鑑
[PR]
by ryudesuyo5 | 2010-07-27 06:28 | 夏の花

茄子(ナス)

d0126545_18381194.jpg

茄子(ナス)はナス科ナス属の一年草である。
原産地はインドである。
日本へは奈良時代に中国経由で渡来した。
和名の由来には諸説があるが、夏にとれる野菜「夏の実」から「なすび」になったとする説が有力だそうである。
草丈は50センチから100センチくらいである。
葉は卵形で、互い違いに生える(互生)。
開花時期は6月から10月である。
葉の脇に淡い紫色の花を下向きにつける。
実の形は様々で、長ナス、卵形ナス、丸ナスなどの種類がある。
「親の小言と茄子の花は千にひとつの無駄もない」といわれるように、茄子(ナス)の花は結実する割合が高い。
俳句では「茄子」「茄子の花」などが夏の季語だが、「秋茄子」のように秋の季語となるものもある。
写真は10月につくば植物園で撮った。
学名:Solanum melongena


★実の色と合わせるように茄子の花
 咲いて夏陽に俯くように

d0126545_18383119.jpg

今日の花ドットコム
花図鑑
[PR]
by ryudesuyo5 | 2010-07-26 18:39 | 夏の花

トマト

d0126545_1439980.jpg

トマトはナス科トマト属の一年草である。
原産地は南アメリカのアンデス地方である。
日本へは江戸時代に渡来した。
当初は観賞植物として栽培され、「唐柿」と呼ばれていた。
食用にし始めたのは明治時代以降のことである。
草丈は1メートルから3メートルくらいである。
初めは直立し、伸びるに従って匍匐し始める。
葉は羽状複葉で、茎や葉には軟毛を密生する。
開花時期は5月から7月である。
花の色は黄色で、花冠は浅い皿状をしており、多数の裂片に分かれ、先端が反り返る。
果実は生食用、加工用に利用される。
写真は8月に埼玉県三郷市で撮った。
俳句の季語は夏である。
学名:Lycopersicon esculentum


★朱に染まるその日の来るを信じ咲く
 トマトの花は黄金に照りて
d0126545_14392764.jpg

今日の花ドットコム
花図鑑
[PR]
by ryudesuyo5 | 2010-07-25 14:40 | 夏の花

露草(ツユクサ)

d0126545_4541273.jpg

露草(ツユクサ)はツユクサ科ツユクサ属の一年草である。
北海道から沖縄にかけて分布し、やや湿った空き地や道ばたなどに生える。
海外では、世界中に広く分布する。
草丈は20センチから30センチくらいである。
節から根を出しながら枝分かれして広がる。
葉は笹の葉のよような形をした広い線形で、基部(葉の根元)は茎を抱いている。
色はやや淡く、互い違いに生える(互生)。
開花時期は6月から9月である。
二つ折れになった苞の間から青色の花が次々と咲く。
花は一日花である。
早朝に咲き出して、午後にはしぼんでしまう。
3枚の花びらのうち2枚が大きい。
残りの1枚は小さな白い色をしている。
雄しべは6本ある。
そのうち2本が長く、花粉を出す。
残りの4本は黄色くて目立つが、花粉は出さない仮の雄しべである。
全草を乾燥させたものを生薬で鴨跖草(おうせきそう)という。
解熱、利尿、解毒などの薬効がある。
蛍草(ホタルグサ)、青花(アオバナ)、帽子花(ボウシバナ)などの別名がある。
「万葉集」や「古今集」にも月草の名で登場する。
俳句の季語は秋である。
写真は8月に埼玉県三郷市で撮った。
学名:Commelina communis


★露草の青が目に染む朝の道
 胸躍らせつ歩みを進め

d0126545_4543284.jpg

今日の花ドットコム
花図鑑
[PR]
by ryudesuyo5 | 2010-07-24 04:55 | 夏の花

花虎の尾(ハナトラノオ)

d0126545_626832.jpg

花虎の尾(ハナトラノオ)はシソ科ハナトラノオ属の多年草である。
原産地は北アメリカのバージニア州である。
日本へは大正時代に観賞用として渡来した。
別名を角虎の尾(カクトラノオ)ともいう。
草丈は60センチから120センチくらいである。
茎は直立し、断面は四角形である。
葉は披針形で、向かい合って生える(対生)。
葉の縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は7月から9月である。
四方に突き出すように花が咲き、花穂は四角錐のようになる。
花は下から順に次々と咲き上がっていく。
花の色はピンクや白や紫色などがある。
花径は2センチくらいの唇形で、内側に紅紫色の斑点がある。
写真は8月に軽井沢町植物園で撮った。
学名:Physostegia virginiana


★花の穂をぴんと突き出し咲き昇る
 花虎の尾は元気な姿

d0126545_6262977.jpg

今日の花ドットコム
花図鑑
[PR]
by ryudesuyo5 | 2010-07-23 06:27 | 夏の花

アカンサス

d0126545_18433965.jpg

アカンサス(Acanthus)はキツネノマゴ科ハアザミ属の多年草である。
属名の読み方は「アカンツス」とする場合もある。
原産地は地中海沿岸地方である。
ギリシャ建築のコリント様式の模様に使われていることで知られる。
日本へは大正時代の中期に渡来した。
ハアザミ属は20種類くらいあるそうだが、写真は代表的なモーリス種である。
草丈は80センチから100センチくらいである。
根際に生える葉は楕円形で羽状に深く切れ込み、縁には刺がある。
アカンサスとはギリシャ語でこの「刺」を意味する。
開花時期は6月から7月である。
夏に白ないし紫色を帯びた唇形の花をつける。
和名は葉薊(ハアザミ)と言う。
これは、ぎざぎざな葉が薊(アザミ)に似ているところからつけられたものである。
写真は6月に川口市立グリーンセンターで撮った。
学名:Acanthus mollis


★時空超え遥かアテネに遡り
 棘と呼ばれし白き唇
☆艶やかに茂る葉模様今もなお
 アテネに在りとアカンサス咲く

d0126545_18435914.jpg

今日の花ドットコム
花図鑑
[PR]
by ryudesuyo5 | 2010-07-22 18:45 | 夏の花