2010年 04月 22日 ( 1 )

次郎坊延胡索(ジロボウエンゴサク)

d0126545_643926.jpg

次郎坊延胡索(ジロボウエンゴサク)はケシ科キケマン属の多年草である。
本州の関東地方から九州にかけて分布し、林の縁の木の下、野原などに生える。
「延胡索」は薬草名に由来し、「次郎坊」は太郎坊(スミレ)に対する方言名に由来する。
草丈は10センチから20センチくらいである。
地下の球根から数本の花茎を出す。
茎は弱くて斜めに伸びるか地面に這う。
根際から生える葉は2、3回3出複葉である。
3出複葉というのは三つ葉のことである。
手のひら状の葉が向かい合わせにつき、先にもつく。
開花時期は3月から5月である。
花の色は紅紫色ないし青紫色である。
花の後ろには「距」と呼ばれる出っ張りがある。
蜜をためる部分である。
花の後にできる実は線形のさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
写真は3月に埼玉県立花と緑の振興センターで撮った。
学名:Corydalis decumbens


★懐かしい響き伝えて延胡索
 目線の先に不思議な姿

d0126545_645917.jpg

今日の花ドットコム
花図鑑
[PR]
by ryudesuyo5 | 2010-04-22 06:05 | 春の花