2010年 04月 16日 ( 1 )

長実雛罌粟(ナガミヒナゲシ)

d0126545_661525.jpg

長実雛罌粟(ナガミヒナゲシ)はケシ科ケシ属の一年草である。
漢字では「長実雛芥子」とも書く。
原産地はヨーロッパである。
地中海沿岸地方から中部ヨーロッパにかけて分布し、道端や荒地などに生える。
日本では1961年に東京の世田谷区で帰化しているものが確認された。
現在では暖地の都市周辺などに広がっている。
草丈は20センチから50センチくらいである。
葉や茎にはやや密に毛が生える。
根際から生える葉はロゼット状(茎から葉が重なり合って出て地に接し、円座形になったもの)となる。
茎につく葉は羽状に深く裂け、互い違いに生える(互生)。
開花時期は4月から5月である。
茎先に花径2センチから5センチくらいの4弁花をつける。
花の色は、橙色ないし紅色である。
雄しべはたくさんある。
真ん中にある雌しべの子房は円筒形で、4本から8本の筋が放射状に伸びる。
花の後にできる実は細長い。
それが名の由来でもある。
実には毛は生えておらず、中には種子がたくさん詰まっている。
写真は4月に埼玉県三郷市で撮った。
学名:Papaver dubium


★首伸ばし遠見している芥子の花
 オレンジの夢風にゆらゆら
☆背伸びして風とお話しオレンジの
 花はフリルのレース仕立てで

d0126545_663151.jpg

今日の花ドットコム
花図鑑
[PR]
by ryudesuyo5 | 2010-04-16 06:07 | 春の花