<< ライ麦(ライムギ) 桃色鈴蘭(モモイロスズラン) >>

大輪大甘菜(タイリンオオアマナ)

d0126545_1527551.jpg

大輪大甘菜(タイリンオオアマナ)はユリ科オオアマナ属(オルニトガルム属)の多年草である。
原産地はヨーロッパの地中海沿岸地方である。
草地や湿った土地に生える。
学名のオルニトガルム・ナルボネンセで表示するものもある。
草丈は20~40センチくらいである。
根際から生える葉は線形である。
開花時期は4~6月くらいである。
花茎を伸ばし、先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出して白い花をつける。
花被片は6枚である。
鱗茎は食用になる。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Ornithogalum は、ギリシャ語の「Ornithos(鳥)+gala(乳)」からきている。乳白色の花の色を表したものである。
種小名の narbonense は「(フランスの)ナルボンの」という意味である。
写真は4月につくば植物園で撮った。
学名:Ornithogalum narbonense


★また一つ花の名前が増えたよね
 大甘菜にも種類があって
d0126545_15285128.jpg

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル





花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo5 | 2013-05-17 15:34 | 春の花
<< ライ麦(ライムギ) 桃色鈴蘭(モモイロスズラン) >>