<< 大輪大甘菜(タイリンオオアマナ) ネマタンツス・グレガリウス >>

桃色鈴蘭(モモイロスズラン)

d0126545_151166.jpg

ドイツ鈴蘭(ドイツスズラン)はユリ科スズラン属の多年草である。
分類体系によってはスズラン科とされる。
原産地はヨーロッパである。
日本に自生する在来種の鈴蘭(スズラン)と比べて耐暑性がある。
また、大型で香りも強く、花が葉の陰に隠れないなどの利点がある。
そのため、市場に流通するものはほとんどが本種であるという。
桃色鈴蘭(モモイロスズラン)はその園芸品種である。
特徴は、花の色が桃色を帯びることである。
草丈は20センチから30センチくらいである。
葉は卵状の楕円形で、2、3枚が根際から出てつけ根の部分は茎を包む。
開花時期は5月から6月である。
茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、10数個の鐘形の花をつける。
花の長さは10ミリくらい、花径は10ミリから15ミリくらいである。
花被片はつけ根の部分で合着する。
雄しべは6本、雌しべは1本ある。
花の後には球形の実(液果)ができ、秋には赤く熟する。
属名の Convallaria はラテン語の「convallis(谷)+leirion(ユリ)」からきている。
種小名の majalis は「5月に咲く」という意味である。
品種名の Rosea は「バラ色の」という意味である。
写真は4月に神代植物公園の野草展(東京山草会)で撮った。
学名:Convallaria majalis 'Rosea'


★真っ白な花のイメージ焼きついて
 どこか馴染めぬ桃色鈴蘭
d0126545_15112247.jpg

植物図鑑
花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo5 | 2013-05-16 15:14 | 夏の花
<< 大輪大甘菜(タイリンオオアマナ) ネマタンツス・グレガリウス >>