<< 雛罌粟(ヒナゲシ) 次郎坊延胡索(ジロボウエンゴサク) >>

花水木(ハナミズキ)

d0126545_631150.jpg

花水木(ハナミズキ)はミズキ科ヤマボウシ属の落葉高木である。
原産地は北アメリカである。
日本へは、東京市長の尾崎行雄がワシントン市へ贈った桜の苗木の返礼として1915年に寄贈されたのが始まりである。
庭木や街路樹として植えられている。
和名の由来は、水木の仲間で花が目立つことからきている。
別名をアメリカ山法師(アメリカヤマボウシ)という。
これは、アメリカから渡来し日本の山法師(ヤマボウシ)に似ていることからつけられた名である。
樹高は5から12メートルくらいである。
樹皮は灰黒色である。
葉は楕円形で、枝先に集まって向かい合って生える(対生)。
葉の形はやや不規則で葉脈が目立ち、縁は波打つ。
開花時期は4月から5月である。
桜が終わったころから咲き始め、5月の半ばまで咲いている。
4枚の白い花弁のように見えるのは総苞(花序全体を包む葉の変形したもの)である。
花弁はその真ん中に集まってつく。
緑色の4弁花で目立たない。
雄しべは4本である。
花弁は早くに落ちる。
花の後にできる実は核果(水分が多く柔らかい果皮をもつ果実)で、秋に赤く熟する。
また、紅葉も美しい。
俳句の季語は夏である。
写真は4月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Benthamidia florida


★十字花を天にかざせり花水木
 君が祈りは何処へ向けて
☆花水木咲く道行けば微笑まん
 君の祈りを花は教えて

d0126545_6311876.jpg

今日の花ドットコム
花図鑑
[PR]
by ryudesuyo5 | 2010-04-23 06:32 | 春の花
<< 雛罌粟(ヒナゲシ) 次郎坊延胡索(ジロボウエンゴサク) >>