<< 次郎坊延胡索(ジロボウエンゴサク) アジュガ >>

黄華鬘(キケマン)

d0126545_5295747.jpg

黄華鬘(キケマン)はケシ科キケマン属の越年草である。
日本固有種である。
本州の関東地方から九州にかけて分布し、海岸や道端などに生える。
この花の仲間には、深山黄華鬘(ミヤマキケマン)、蔓黄華鬘(ツルキケマン)などがある。
また、紫華鬘(ムラサキケマン)も同じキケマン属である。
草丈は40センチから80センチくらいである。
根元から枝を分けて大きな葉を出す。
葉は白っぽい緑色をしている。
3出複葉(1枚の葉が3つの小さな葉に分かれた形)で、羽状に2、3回裂ける。
開花時期は4月から5月である。
茎の上部に細長い黄色の花を穂状にたくさんつける。
花の長さは15ミリから20ミリくらいの筒形である。
先は唇状に裂けて、紫色を帯びる。
「華鬘」というのは仏殿に垂れ下がった飾りのことである。
花の形をこの「華鬘」に譬えたのが名の由来である。
有毒種で、茎などの汁がついた手で食事をするだけで危険だという。
写真は4月に小石川植物園で撮った。
学名:Corydalis heterocarpa var. japonica


★湿っぽい雰囲気が好き黄華鬘は
 ナイーブなのに毒婦と呼ばれ

d0126545_5303413.jpg

今日の花ドットコム
花図鑑
[PR]
by ryudesuyo5 | 2010-04-21 05:31 | 春の花
<< 次郎坊延胡索(ジロボウエンゴサク) アジュガ >>