<< 烏の豌豆(カラスノエンドウ) 芝桜(シバザクラ) >>

碇草(イカリソウ)

d0126545_5403623.jpg

碇草(イカリソウ)はメギ科イカリソウ属の多年草である。
漢字では「錨草」とも書く。
花の形が船の錨に似ていることからつけられた名前である。
北海道と本州に分布し、山地や林の中に生える。
草丈は20センチから40センチくらいである。
葉は2回3出複葉である。
小さな葉が9枚でセットになっている。
3つに枝分かれした後、もう一度3つに分かれる。
小葉の形はハート形である。
このような葉の形から三枝九葉草(サンシクヨウソウ)の別名がある。
開花時期は3月から5月である。
花の色は、紫、白、黄、ピンクなどがある。
花弁は4枚で、距(花冠のつけ根が後ろに飛び出たもの)を伸ばす。
萼片は8枚である。
外側の4枚は早くに落ち、内側の4枚が大きくなる。
江戸時代に薬草として中国から渡来した。
生薬名を淫羊霍(いんようかく)と言い、強壮・強精の効果がある。
ただし、中国で淫羊霍(いんようかく)とされるのは穂咲錨草(ホザキノイカリソウ)という種類で、碇草(イカリソウ)はその代理薬草であった。
また、江戸時代には観賞用としても流行したという。
俳句の季語は春である。
上の写真は4月に神代植物公園で撮った。
下の写真は4月に小石川植物園で撮った。
学名:Epimedium grandiflorum


★春の野に出船入船碇草
 今この時に咲かせ花散る
☆春の日に溶け込むように碇草
 ゆらり揺れては風と戯れ

d0126545_5411340.jpg

今日の花ドットコム
花図鑑
[PR]
by ryudesuyo5 | 2010-04-13 05:41 | 春の花
<< 烏の豌豆(カラスノエンドウ) 芝桜(シバザクラ) >>