<< 芝桜(シバザクラ) 西洋蒲公英(セイヨウタンポポ) >>

桃(モモ)

d0126545_6191567.jpg

桃(モモ)はバラ科サクラ属(モモ属)の落葉小高木である。
原産地は中国である。
日本へは縄文時代に既に伝わっていた。
ヨーロッパへもシルクロードを経由して1世紀頃には伝わっている。
現在は世界各地で栽培されている。
樹高は2メートルから7メートルくらいである。
葉は細長い楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の縁には粗いぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は3月下旬から4月上旬である。
葉の展開に先立って花を咲かせる。
花の色は淡い桃色だが、白から濃い紅色までバリエーションがある。
花弁数も一重咲きの5弁花や八重咲きのものがある。
花径は3センチから4センチで、雄しべがたくさんある。
結実時期は7月から8月くらいである。
水分を多く含む果肉は、赤味を帯びた白い薄い果皮に包まれる。
俳句では「桃の花」が春の季語、「桃の実」が秋の季語である。
花の写真は4月に小石川植物園で撮った。
実の写真は7月に東京都薬用植物園で撮った。
学名:Prunus persica(=Amygdalus persica)


★あっさりと咲いた姿もなかなかと
 桃の花見る雑念払い
☆古の願いを伝え桃の花
 甘く優しく匂うがごとく

d0126545_6193285.jpg

d0126545_620669.jpg

今日の花ドットコム
花図鑑
[PR]
by ryudesuyo5 | 2010-04-11 06:21 | 春の花
<< 芝桜(シバザクラ) 西洋蒲公英(セイヨウタンポポ) >>